20代の転職に必須の転職エージェント4つ

      2017/05/25

8d34f931aef792e644e787a30a807a6e_sずっとバイトをしてきたが正社員として転職したい、また、1度は新卒で就職したものの、どうしても肌に合わない。

もしくは、諦めていたことにやはり挑戦したいと思い立った方もいるでしょう。

そうした20代のキャリア形成時期におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職回数も少ないでしょうから、いろいろなことに右往左往してることでしょう。
そんなあなたの転職活動をを支えてくれるのが転職エージェントです。

 

 

転職エージェントに登録することで得られるもの

転職経験がない、もしくは少ないとなると、もちろん転職のノウハウも持ち合わせていません。

履歴書や職務経歴書の書き方やまとめ方、面接に用意するべき情報、それどころか求人を探す段階で思うような求人を見つけられないことも。

しかし転職エージェントに登録することで、多大な非公開求人を知ることが出来る上これらの転職ノウハウを手に入れ、その結果あなたは書類選考の突破率を飛躍的に上昇させ、面接官の印象をアップさせる面接対策が出来、新たな企業での第1歩に確実に近づくことが出来るのです。

ちなみに私の場合は仕事をしながらも登録だけしておき、自分から大きなアクションを起こさずとも常にチャンスを狙い続ける、と言うことをやっていました。

そういう柔軟な転職活動が出来るのも、転職エージェントの良いところです。

転職活動の難しさ

もし転職エージェントに登録しなければ、これらの転職活動に必要なことを手探りでおこなっていくことになります。

求人を探す際には、自分の望む業界にはどのような会社が存在し、それらの会社が求人募集を行っているかどうかを一つ一つ探していく、これだけで相当な時間を費やします。

転職サイトを使ったとしても、こまめにサイトをチェックしては、ひとつひとつ仕事内容、勤務地、待遇などをチェックし応募するかしないかを判断していくことになるでしょう。

ようやく見つけた求人に送る履歴書や職務経歴書はせいぜいアルバイトに毛が生えた程度。
履歴書は就活でも作っていても、今となっては社会人を経験したため職務経歴書を書かねばなりません。

おそらくは職務経歴書と、履歴書の職務経歴欄で何が違うのかすら想像がついてはいないのではないでしょうか?
(ちなみに若かりし頃の私はわかりませんでした・・・)

これでは書類選考も通らず、心身ともに疲弊するばかりです。

どうにかまぐれ当たりで面接に進めたとしても、面接官の知りたい情報は何なのか、あなたの魅せたい部分が何なのかも上手くまとめられず、準備不足のまま不採用に・・・。

こんなことを、あなたは続けられますか?

時間もお金も有限です。

転職先が決まらなければ、時間は浪費し、お金も減る一方です。

職務経歴もあまりなく、企業に売り込む要素も見つけられない今、あなたに必要なのは転職活動の知識を得ることなのです。

▼ 20代の転職に必須の転職エージェント一覧

しかし登録しなければ使えない

とはいえ、サイトから登録し現地へ赴かなければ登録できないのが転職エージェント。
サイトからの登録には30分程度の入力作業が必要で、登録に行けば書類の記入や90分前後の面談が待っています。
移動時間を片道1時間とするならざっと4時間、半日くらいになりますね。

となるとどうしてもめんどくさい、億劫だ、と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、転職エージェントから企業に応募する際には、履歴書や職務経歴書の使いまわしが可能になります。
転職エージェントに登録してある履歴・経歴が応募する企業に送られるため、毎回1から作らなくて良いのです。

1つの企業に応募するたびに少なくとも30分は短縮できるでしょう。
8社も応募すれば元が取れる時間です。

また、自分で探していた求人も、転職エージェントから面談時にあなたが伝えた希望に沿うものを探して、打診してくれるようになります。

毎日1時間、企業を探したり転職サイトを見ていたとすると、それがなくなるので4日もすれば元が取れる時間になります。

これなら、たった1回半日使うくらい、安いものではないでしょうか。

次に、時間の問題はいいとしても、そもそも希望に合った求人をしてくれるのか?と言った心配もあると思います。

もちろん、初期段階で紹介されるものの中に、希望する求人や行きたいと思える企業がないこともあります。

しかし、常に新しい案件が企業から転職エージェントに舞い込むため、新たな求人を紹介してもらえます。
特に、あなたに紹介できると判断した入りたての募集などは、公に募集が開始される前に、あなたに応募の意志があるかどうかを先に打診することも多々あります。

また、希望条件は面談の後からでも付け足したり、修正していくことが可能ですので、より細かな希望を伝えていくことも、仮に希望条件に変化があったとしても、それに沿った求人を探し続けてもらえます。

求人は、現時点だけでなくこれから先も生まれ続けるものであり、その中であなたの希望に何もひっかからない、と言うことはかなりの無理を言わない限りまずありません。

それどころかもしかしたら門前払いされるのでは・・・

ネット上でたまに見かける門前払いの話。
しかし、これらは往々にして大した職務経歴も積んでないのに高望みをしている場合が多く、ましてや20代の転職の話ではないことがおおく、これからの活躍やポテンシャルが重視される20代の転職においては大きな問題になりません。

むしろ、ポテンシャルを意識されるからこそ、意欲のあるものにガンガン挑戦していきたい姿勢を見せていけばそれが大きな武器となる、それが20代の転職です。

20代の転職に必須の転職エージェント

リクルートエージェント

求人案件の数はなんといっても業界でも最も多く、あなたが選ぶ選択肢は無数に広がるでしょう。
20代の今、キャリア形成を始める時期であることから、様々企業の情報を目にする機会を作ることが出来るリクルートエージェントは、あなたが目指すべき方向性を見つけ出すためにもおすすめできます。

また最大手だけあってノウハウの蓄積量も多く、まだ若く転職活動そのものに不安を覚えているあなたでも、迷うことなく転職活動をリードして行ってくれる頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。

リクルートエージェント

ハタラクティブ

若年層に特化し、未経験歓迎の仕事を常時1000件は抱える、関東圏で展開する有名転職エージェント。
20代前半のフリーターの方や、第2新卒の方はまずはここから登録していくとスムーズでしょう。
まだ社会に出たばかりでもちろん経験なんてあるわけない。ハタラクティブはそんな当たり前の状況に強く、担当となったエージェントが、正社員となるまでマンツーマンでサポートします。
もちろん、履歴書などの書類のレクチャーや、面接対策など、初めての転職ではわからないこともきっちりサポート。
初めてでも、安心して転職活動が出来る環境を提供しています。

ハタラクティブ

JAIC

同じく若年層に強い転職エージェント。
定期的に無料転職セミナーを行っており、既卒・フリーター向けの転職情報を発信しています。
書類のレクチャーから、キャリアに関するカウンセリングはもちろんですが、他にも20社を超える企業との面接会など、実際に顔を合わせて話をすることを大切にしている転職エージェントです。
セミナーは全国の主要都市部で行われており、関東圏以外の転職活動にもおすすめですので、スケジュールはJAICのサイトでチェックしておきましょう。

20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援ならジェイック。

DODA

リクルートエージェントに次ぐ実績を誇るインテリジェンスのDODA。
案件の豊富さはもとより、20代によりおすすめしたい点はベンチャー企業にも強いところ。

ベンチャー企業は比較的若い力を求めている傾向が強く、あなたの可能性やこれからの成長の期待値を大いに評価してくれることが期待できます。

また、模擬面接や書類の書き方など、転職活動に対する細かな支援サービスも豊富で、20代の転職にはおすすめです。

DODA

20代の転職ポイント

転職活動が初めて、社会経験が浅い、そんな時に役立つ2つの転職エージェントを簡単にご紹介しました。
20代は、「やってみたい」「楽しそう」少しでもそう思ったならまずはやってみる、それが大切だと思います。
ご紹介した2つの転職エージェントは両方とも「未経験」に強いのが特徴で、「経験が無いから○○が出来ない・入れない」と言った悩みを解決するなら是非登録したい転職エージェントです。
特に関東圏にお住まいならなおさらです。

また、 JAICのセミナーは地方都市でも開催されているので、首都圏以外の方は、JAICのサイトを常にチェックしておくとよいでしょう。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


 - 転職エージェントの選び方