自分に合う仕事とは?3年で仕事の相性を理解する5つのポイント

      2016/04/10

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s自分に合う仕事が全然見つからない。
こういう仕事がしたいと思っていたのに、やってみたら全然違うじゃん!

自分の理想とする仕事環境なんてそうそう手に入るものではないのが現実。
そんな中から3年で自分に合った仕事、環境を洗い出すために必要なことをまとめました。

この記事を参考にしてもらうことで、仕事と自分の相性がイメージとあっていたのか、それとも思っていた自分と本当の自分は全然違ったのか、と言った面が見えてくるのではないかと思います。

SPONSORED LINK

3年で自分に合う仕事を見つけるために

1.仕事内容だけにとらわれるな

仕事との相性は仕事内容だけにとらわれては見えてきません。
もちろん、仕事内容が希望通りなら、その他の条件がどんなに酷かろうとも耐えられる、と言う人もいるでしょう。
しかし大概の場合はそんな一筋縄ではいきません。

そこで仕事内容以外に目を向けて行くことを心がけてください。

2.上司を見極めろ

「この人にならついていきたい」そう思える上司を探してください。自分の直属でなくても構いません。
どんな人を自分はリスペクト出来るのかを見極めていくのです。

3.人間関係を見極めろ

どんな人間関係を職場で築けると居心地がいいのかを考えてください。
毎日飲みに行ける仲間なのか、仕事の話しかしない人ばかりの中、1人でも冗談を言い合える人がいれば十分なのか、余計な人間関係を構築せず、1人で黙々と仕事ができる環境が居心地がいいのか。
そういう「自分の居心地がいい」人間関係の環境を模索してください。

4.労働環境を見極めろ

残業に最初から耐性がある人はなかなかいないと思います。それどころか何年たっても朝弱い人もいるでしょう。
居心地が良ければいくらでも残業できるのか、それでも残業は苦手、プライベートとのON/OFFははっきりしたいのか。
朝は早い方が良いのか、遅い方が良いのか、どちらでも大丈夫か。
そういった労働環境ももれなく注視しておいてください。

5.バランスを見つけろ

最後はこれらのバランスを見つけていきます。
自分が重要視する項目は、仕事内容なのか、ついていきたいと思える上司なのか、人間関係なのか、労働環境なのか。
それがわかったとしても、その中の一つの項目だけ追い続けたのでは、結局仕事内容だけに目を向けていた時期と何も変わりません。
労働環境だけ見て、「残業さえなければなんでも良かったのに」と思っていたのに、結局仕事が退屈で退屈で耐えられなくなってしまったり、と言うことになりかねないのです。

4つの項目それぞれに、「最低限のライン」をしっかりと考え、その中から特に重要視したい部分を洗い出していくようなバランスのとり方が望ましいです。

転職で多くの会社を経験しよう

よく「3年は1つの仕事を続けろ」などと言われます。

私はこれに賛同しかねます。

3年って少ないようで結構長い期間です。2回も転職したら20代なんて終わってしまうレベルです。
1つや2つの会社を見たくらいで、自分と仕事の相性なんてわかる人のほうが少ないと思います。
もちろん、長いこと続ける中でその職場でのやりがいを見つける人や、もうどうでも良くなってだらだら続けられる場合もあると思います。

 

でもそれって、本当の意味で「社会人になった」と言えるのでしょうか?

 

私は、どうせ仕事をするなら「少しでも望んだ自分」として仕事をしたいと思っています。
なので、どんどんとは言いませんが、ある程度の見切りラインをつけながら、毎回の仕事と付き合いつつ、望みと違うなら早めの転職も視野に入れて行くと良いと思います。

とはいえ無職期間が望ましいとは思いません。「最低限登録したい、おすすめ出来る転職エージェント比較」などを参考に、できれば在職中に転職先は見つけておきたいところです。

自分に合う仕事とは?

今まではどんな仕事がしたい、どんなポジションで仕事がしたい、と言ったことに固執しすぎていませんでしたか?
誰にでも「新人」の時期はあります。なので、最初から指示を出せるポジションや、やりたい仕事に就けるわけはありません。
だから、仕事内容だけでなく、会社の全体を俯瞰して、どこになら自分の居場所を見つけられるかをまずは考えてみてください。

自分に合う仕事を見つけるためには、まず職場に入ってみなければ話が始まりません。
最低限登録したい、おすすめ出来る転職エージェント比較 」を参照し、自分に合いそうな職場を早速探してみましょう。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド