ECサイト運営のWeb職種に転職するために

      2017/04/24

ECサイト運営は、主に販売を行うような企業で募集してることがおおく、裏を返せばあらゆる業界業種において募集されています。

ここではECサイト運営に転職するにあたって、その仕事内容や必要な知識、キャリアプラン、さらには求人の探し方をご紹介していきます。

 

ECサイト運営のお仕事

ECサイトの運営は冒頭で述べた通りあらゆる業界業種において募集されています。
アパレル関連から、家電家具、グッズ販売など、販売関連の業種など多岐にわたります。

その中で実際に行うことは、主に商品ページの作成、キャンペーンページの作成などになって来るでしょう。
商品の特徴を把握し商品ページを作成していくこのお仕事は、Webサイトで実際に売り上げを上げる役割に直結する為やりがいもあります。

逆に、制作会社などになって来るとECサイトを構築して企業に納品する側になるため、なかなかECサイトの運営自体を行うことは稀です。

仮に運営を任されたとしても自社商品でないものを、言われた特徴の通りにただページを作成し、たとえ売り上げが多かろうと少なかろうと自社の売上自体にはかかわらないためやりがいも半減します。

ECサイト運営に必要な知識

楽天やyahooショッピングなどの既存のECサイトに登録された自社アカウントを使ったり、独自でECサイトのシステムを開発していたりと多少の違いはありますが、基本的にECサイトはそのシステム自体、多少htmlやcssに疎くても作れるよう設計されており、気負うほどの知識は必要ありません。
むしろ、あまり高度なことは出来ないような制約があったりもします。

多少興味がある、htmlを触ったことがある、といったレベルから仕事に就くことも可能です。

結果的に必要なのは、Webに対する興味や、実際に売り上げに直結した仕事がしたい、と言ったような前向きな気持ちが割と重要になります。

ECサイト運営からのキャリアプラン

想定されるキャリアプランは、商品ページやバナーなどを製作する力をWebデザイナーやWebコーダーとしてキャリアアップする道と、そのまま複数のECサイトを担当しながら全体の管理へと移るWebディレクターへの道が考えられます。

技術屋になるにせよ、管理側になるにせよ、どちらの道も考えられるECサイト運営は、キャリアの足掛かりとしては良い選択と言えるでしょう。

求人を探す

前述したキャリアプランを踏まえて求人を探しましょう。

技術を学びたいだけならある程度どこでも学んでいけますが、問題はディレクション、管理を行いたい場合です。

販売系でも大きな会社になてくると複数のECサイトを運営していることもあり、Webディレクターへの道も見えてきますが、多くの企業、販売店はせいぜい2つくらいのECサイトだけを展開していることが多く、そういう会社に転職してしまうと、なかなかそこから直接Webディレクターへステップアップするのが難くなるでしょう。

また、そもそもECサイトは名目上、建前上運営しているだけで、そこからの売り上げは期待していない、と言った会社も存在します。

 

しかし、その企業がどれだけのECサイトを運営しているか、ECサイトによる売り上げにどれだけ期待をしているかなど、正直どうやって知ればよいのか。

これは転職に当たって大きな課題です。

その情報がないまま内定がとれてしまった場合、入社してから会社のECサイトへの取り組み具合などを知ることになり、結果転職に失敗したと感じてしまうことも出てきてしまいます。

希望する企業の情報を集める

さて、とはいったものの、どうやってそんな企業内部の情報を集めたらよいのか・・・。

答えは「知ってる人に聞く」のです。

そしてその知っている人というのが、転職エージェントです。

転職エージェントに登録することは、たくさんの求人に出会うきっかけを作ったり、履歴書約職務経歴の添削、面接対策のためだけにするわけではありません。

こうした企業に関する情報を聞くことが出来るので、それ踏まえて求人を選ぶことが出来、その結果転職後のミスマッチを最大限抑えることが出来る利点があります。

今後のキャリアプランも真剣に考えるのであれば、よりおすすめといえます。

それでは最後に、ECサイト運営への転職に当たっておすすめできる転職エージェントをご紹介します。

ワークポート

ワークポートは古くからIT系に特化して運営してきた転職エージェントで、IT特化型転職エージェントとしては最大手。

もちろんIT系求人がとても豊富で、それは転職活動において最大の武器と言えます。 エンジニア、Web系、ゲーム関連の転職を探しているなら是非登録したい転職エージェント。

転職活動を有利にする履歴書や職務経歴書の書き方から面接対策まで、添削や無料セミナーで幅広いサポートを提供しています。

また面白い点として、独自のスケジュール管理ツールを提供しており、そのツールひとつで提案された求人や選考結果などを管理でき、転職活動を円滑に行うことが出来ます。

最近ではIT関連以外の職種も展開し始めたようですが、やはり一番頼りになるのはIT系求人と思って間違いないでしょう。

ワークポートの強み

  • IT系最大手の求人数
  • 幅広いサポート体制
  • 独自ツールによる転職活動の円滑化
ワークポート

 

リクルートエージェント

言わずもがな最大手。全国を網羅し、求人案件の数が豊富。これだけで利用する価値があるおすすめ中のおすすめ。
その求人数はなんと公開非公開合わせて100,000件にも上り他の追随を許さず、 そのうち公開求人数は大体10,000件程度であるため、外からでは比較できません。

しっかりとした転職ノウハウで、履歴書や職務経歴書といった書類の書き方から、応募企業にあった面接アドバイスなど、迷うことなく転職活動を進められる印象。 また、年収など給与面に関しても、強気な交渉をしてくれるのも特徴で、転職で年収アップを考えているなら、なおさらおすすめのエージェント。

なんといっても、あらゆるエージェントと比較しても案件紹介のスピードはピカイチ。そして業界において「転職決定実績がNo,1」であることも見逃せないおすすめポイント。

リクルートエージェントの強み

  • 案件紹介スピードが速い
  • 決定率が高い
  • 給与アップが見込める
リクルートエージェント

 

type転職エージェント

丁寧な対応、意図を汲み取ってくれるといった評判の高いおすすめの転職エージェント。 希望条件や望んでいるキャリアにおいて、考えられる様々な路線を一緒に考えてくれるような、転職活動において狭くなっている自分の視野を広げてくれる、そういうコンサルだと見受けられる点が高評価。

登録者数も最大手と比較すると少し少なめなこともあり、その分1人に割ける時間が多いのも、コンサルの質が高くなる要因のようです。 関東圏のみの対応となるものの、関東圏での転職活動なら求人数も申し分なくおすすめ。

古くからのつながりがある企業も多いことから独占案件が多く、他の大手転職エージェントと案件がブッキング(同じ案件を複数の転職エージェントに紹介される)を起こす率も低めなのも○。 人の質と案件、両方が備わった良い転職エージェントだと感じます。

type転職エージェントの強み

  • 豊富な求人数
  • ベンチャーにも強い
  • コンサルや交渉に強い
type転職エージェント

 

レバテックキャリア

人材紹介会社のレバレジーズのIT特化セクション、レバテックキャリア。 IT特化の転職エージェントとしては大手のエージェントで、ヒアリング能力、希望・要望の理解力に長けていると評判です。

何度も企業のヒアリングを行い、企業が欲しいスキルや人材を出来る限り正確にとらえるスタンスが特徴で、企業側のニーズと求職者側のニーズをより合致させることを得意としています。

その結果、欲しい人材やスキルのズレが減り、決定率を上昇させることに成功しています。

情報収集力が非常に高いレバテックキャリアですが、そもそもレバレジーズでは自社のエンジニアが実際に各企業で業務を行っており、その独自経路が情報収集できるのが、その強みにつながっています。

レバテックキャリアの強み

  • 大手ならではの豊富な求人数
  • あなたと企業双方の希望を深く把握し合致させるコンサルティング
  • 高い決定率
  • 独自の情報収集ネットワーク
レバテック キャリア
SPONSORED LINK

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - IT・Web・エンジニア