未経験でwebデザイナーに転職する為の仕事選び

      2017/04/24

9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_s未経験からWebデザイナーになるためにはどのように行動していくべきか。
また、どのような仕事を選んで転職していくべきか。

ここではWebデザイナーを目指して転職活動をする「未経験」の方を対象に、これらの疑問に答えていきたいと思います。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキルは大きく二つ。

  • デザインスキル
  • ツールを使うスキル

です。

デザインスキルと言うとセンスがものをいうように思えますが、基本的には黄金比だったりある程度人が受ける印象を操作するルールだったりと論理的に決まっています。
もちろんセンスがあるに越したことはないのでしょうが、それが無くても十分通用するデザインスキルは身につけることが可能です。

本などで勉強して得る知識と、実際にやってみて身につける感覚で養っていくことが出来ます。
正直紙とペンがあれば勉強することが可能でしょう。

一方ツールについては主にどこに行ってもadobe系ツールが使われることがほとんどです。
大概の求人に

  • photshop
  • illustrator

と言った文字が並んでいるのを目にしてきたことでしょう。
職場によってはこれにfireworks(確かCCにはなかったかな)を使うところも。

昔はadobeツールと言えば1本10万前後する大変高価なものでしたが、今ではphotshopに限って言えば月額1000円で使うことが出来ます。(illustratorはもう少し高い)

よって、現在は昔よりも独学で勉強しやすい環境にあると言えるでしょう。

Webデザイナーになるために使えるスキル

Webデザイナーになるために使える知識がhtmlやcssと言ったコーディングスキルです。

もちろんjavascriptやphpと言ったさらに高度なコーディングスキルがあった方が良いには決まっていますが、Webデザイナーを目指す未経験者として、狙うべき職種はコーダーではありません。

故に、そこまで高度なスキルが必要かと言われればそうではありません。

また、htmlやcssを扱えるようになる方が、photshopを扱えるようになるよりもはるかに早く、結果的にWebデザイナーに早くたどり着けると思います。

もちろんどちらもWeb屋としてはよりデキる方が重宝されます。
ここで言う「扱える」と言うのは、仕事で何とか使えるようになるレベル、というお話です。

例えば最高レベルが100だとするなら、コーディングスキルは30レベルから仕事で使いどころがあります。
しかし、デザインは60レベルを超えてこないとなかなか良いものが作れない、と言った具合です。

未経験者が選ぶべき仕事

未経験ながらWebデザイナーになりたいと思う方の多くは、おそらく

  • 個人的にサイトを作ったことがあり、その面白さに惹かれてた
  • デザインはかじってきたが、Webサイトのことは良くわからない
  • Webデザインをやってみたいが未経験、でもコーディングは出来る

など「多少かじった部分がある」人が多いのではないでしょうか。

しかし、いざWebデザイナーとなると、実務経験があるわけではなくどういった仕事を始めていいかわからない。

そんなWebデザインの経験がない方が積極的に狙って行きたいのが下記の職種です。

  • Web運営・運用
  • Web更新

これらは雇う企業側も「誰でも出来るんじゃないか」と思っている部分も大きな職種だったりします。
その反面「何でも屋」になれるチャンスがあります。

大概のこれらの募集は、コーディングと言っても簡単な既存のコピペレベルだったりと言うのがメインとなって来るでしょう。
簡単な部分からコーディングに触れられるというのは、コーディングの技術もままならない方にとってはまずWeb業界に入るという意味で好都合です。

そして何よりこれらの職種の場合「作れるなら作ってほしい」「やれるならやってほしい」と言った感じで簡単なバナー作成をさせてもらえる機会が訪れやすいのです。

よってこれらの募集はデザイン面も実務で経験していくことが出来、将来のWebデザイナーと言う目標に未経験から近づくちょうどいい足掛かりとなりえるのです。

大手より中小以下の企業を探す

大手企業でこれらの職種を募集していた場合、「本当に分業制」の場合があります。
大手企業のしっかりした体制が、未経験者にとっては不利に働いてしまうわけです。

そこで未経験であるあなたが狙うべきは「中小以下の企業」です。

人手もあまりかけたくないため、出来るだけ1人に任せたい、出来ることはやってもらいたいという意識が働きやすい企業を狙うのです。

しかし、そういった企業を見つけるのは簡単ではなく、中小以下となると求人を見つけるのも大変ですし、大手の転職エージェントが取り扱ってない企業も多々あります。

Web・クリエイティブ系やIT系を専門に取り扱う転職エージェントを使う

ここで重宝するのが、Web・クリエイティブ系やIT系を専門に取り扱う転職エージェントです。

大手転職エージェントではカバーしきれない中小企業やベンチャー企業、また、大手には広告費が高くて出せなかった零細企業など、まだまだ出会えていない企業や職種はたくさんあります。

Web・クリエイティブ系やIT系に特化した転職エージェントは、ジャンルを狭めることで、そういった大手エージェントの手の届かない企業の求人までカバーできており、その結果未経験からWebデザイナーを目指すあなたにとって有利に働くような求人に出会える可能性が高くなるのです。

最後に、Web・クリエイティブ系やIT系を専門に取り扱う転職エージェントをご紹介して締めたいと思います。

ワークポート

ワークポートは古くからIT系に特化して運営してきた転職エージェントで、IT特化型転職エージェントとしては最大手。

もちろんIT系求人がとても豊富で、それは転職活動において最大の武器と言えます。 エンジニア、Web系、ゲーム関連の転職を探しているなら是非登録したい転職エージェント。

転職活動を有利にする履歴書や職務経歴書の書き方から面接対策まで、添削や無料セミナーで幅広いサポートを提供しています。

また面白い点として、独自のスケジュール管理ツールを提供しており、そのツールひとつで提案された求人や選考結果などを管理でき、転職活動を円滑に行うことが出来ます。

最近ではIT関連以外の職種も展開し始めたようですが、やはり一番頼りになるのはIT系求人と思って間違いないでしょう。

ワークポートの強み

  • IT系最大手の求人数
  • 幅広いサポート体制
  • 独自ツールによる転職活動の円滑化
ワークポート

 

Geekly

10年以上運営し続ける老舗のIT・Web・ゲーム業界特化の転職エージェント。

2000件以上の非公開求人を抱えているのが魅力的。
その中にはGeekly独占求人も存在し、もちろん登録しなければその案件に出会える可能性はない。

また、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」において第1位を獲得しており、信頼性がある。

Geeklyの強み

  • 2000件以上の非公開求人数
  • Geekly独占求人
  • リクルートキャリア社にも認められた信頼性
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

 

レバテックキャリア

人材紹介会社のレバレジーズのIT特化セクション、レバテックキャリア。 IT特化の転職エージェントとしては大手のエージェントで、ヒアリング能力、希望・要望の理解力に長けていると評判です。

何度も企業のヒアリングを行い、企業が欲しいスキルや人材を出来る限り正確にとらえるスタンスが特徴で、企業側のニーズと求職者側のニーズをより合致させることを得意としています。

その結果、欲しい人材やスキルのズレが減り、決定率を上昇させることに成功しています。

情報収集力が非常に高いレバテックキャリアですが、そもそもレバレジーズでは自社のエンジニアが実際に各企業で業務を行っており、その独自経路が情報収集できるのが、その強みにつながっています。

レバテックキャリアの強み

  • 大手ならではの豊富な求人数
  • あなたと企業双方の希望を深く把握し合致させるコンサルティング
  • 高い決定率
  • 独自の情報収集ネットワーク
レバテック キャリア

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - IT・Web・エンジニア