ダメな上司7つの行動

      2017/05/29

面接あなたも上司の言動や行動で頭を悩まされてはいませんか?

会社である以上、上司と部下という関係が生まれるのは必然で、会社に属する限り避けられません。
あなたの上司が良い上司かダメな上司か、早々に見極めて立ち回らないと、損をするのはあなたです。

ここではダメな上司によくある7つの行動をご紹介します。
そんなあなたの上司が以下の7つの項目に当てはまったら要注意!

SPONSORED LINK

ダメな上司の行動

1.何でも知りたい

すべてを隅々まで把握しないと気が済まない人。

ちょっと語弊があって。

全てを隅々まで把握「した気にならないと」気が済まない人たち。

末端の小さな出来事まで報告を受けないと気が済まないが、こういう人たちに限って、ほとんどの内容が把握できていない。

上司は報告されないときが済まないため部下はことあるごとにメールなどで報告を上げるが、結局こういう上司は全くそういう報告を頭に残していない(ていうか、キャパオーバーで把握できなくて当然)ので、部下は「言ったでしょ」上司は「いや知らない」でよく問題が起こる。

2.教育したつもりになる

社員を教育する意識がある、ところまではいいが。

本当に仕事に必要な部分がなんであるかを見つけられていない。
結果、少し知識があるけど仕事ではつかえない、何を勉強させたの?という人間を作ってしまう。

そもそも上司自身が仕事が出来ていない証拠。

あなたは会社で何してきたの??

3.独演会を開く

ミーティングと称した独演会が始まる。

部下の意見を聞かず持論だけを展開させて、部下のマインドを矯正しようとしてくる。

そのような一方的なやり方では誰もついてこない。

4.部下の感情を理解しない

こういう人はかなり多い。
そしてこういう人が3の独演会を開きやすい。

自分こそ正義なので、部下の感情や考え方が意にそぐわないなど関係なく、自分の言うとおりに動いていればいいと思っている。

得てしてこういう人種は、部下を人ではなく駒だと思っている。

5.部下を信用しない

会話をしていて、いつも否定しかしてこない上司を見たことはないだろうか。

相手を認める、部下を認めることが自分のマイナス、よもや汚点とすら感じる人々。
こんな上司は、部下を信用しておらず、故に仕事を任せるということもしない。
結果部下育たない。

挙句は、「お前らが仕事できないせいだ」などと言い、勝手に抱えた仕事に追われて文句を言う。

もしかしたら、本当に出来の悪い部下しかいないのかもしれない。

だが、大概の場合、上司のコミュニケーション不足が事態を悪化させている。

6.言動がひっくり返る

昨日言ったことを覚えていない、180度ひっくり返っている、など言動に一貫性がない。

こういう上司は周りや状況に流されやすく、その時に「自分が一番損しない」立ち回りをする。

こういう上司は、ミスやトラブルを部下の所為にしたがる傾向がある。

7.先を見ない

未来のビジョンを考えず、今やっている仕事しか見ていない。
そのビジネスモデルに未来がない、現状のままでは状況の改善が見込めないとわかっていても。

こういう上司は、保守的なくせにリスクヘッジも考えない。

良い上司とは

端的に言えば

「部下を延び延びと仕事させてあげられる上司」

がいい上司と言えるでしょう。

それはただ自由に、というわけではなく、部下とのコミュニケーションを大切にし、頭ごなしではなく、責任感を与えながら一緒に正解を考えてあげられる、そして時には矢面に立って部下を守る上司です。

そもそも、上司の仕事というのは「責任を取る事」が多くを占めていると思います。
部下がミスをするリスクを恐れず、部下が成長した時の成果を期待し、部下のミスの責任を受け入れる覚悟がある、ということが良い上司の条件と言えるでしょう。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術