IT系の転職で正社員を狙う方法

      2017/04/24

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_sIT系の転職において正社員を狙うためには、スキルと年齢が重要になってきます。

本来どの職種にも言えることではあるのだが、IT系職種は技術を覚えていくことで出来る仕事が増えていく部分が大きいためです。

ここでは、タイトル通りIT系の転職で正社員になるために何を気にして、何を念頭に置いて転職活動していくべきかを年齢別に考えていきます。

20代でIT系の正社員を狙う

20代、特に前半~25歳前後まではこれからスキルをつける時期として見られます。

スキルよりも伸びしろを見る、もしくは自社で育てる意思のある企業が求人を出しています。
よって多少の無茶も効きやすいと言えるでしょう。

未経験可とされている求人もSEやエンジニア系には多く、積極的に狙って行けると思います。

よって、経験がある方はそれまでの経験を含めるのは当然ですが、それ以上に「吸収する意欲」を見せていきましょう。

例えば、覚えたい言語やスキル、それらを習得したうえでどんな仕事がしたいかと言ったように、漠然としていてもいいので未来の展望などを整理しましょう。

30代でIT系の正社員を狙う

30代に差し掛かると、いわゆる「即戦力」を求められるようになります。

何でもできる必要はありません。
「今持ってるスキルを発揮する転職」がメインになります。

次の会社でさらなる知識やスキルを吸収するために、今のスキルを足掛かりにする、と言った具合です。

特に、実務経験を積んできていても、人を管理する経験はこれからの場合が多いでしょう。
管理能力なども今後求められることも多くなるでしょうが、本物の技術者として現場へのこだわりを主張するのもありだと思います。

要するに30代では、指揮を執るようになりたいか、技術者として現場に残りたいか、を選択し、20代のころよりも具体的な将来を主張していく必要があります。

40代でIT系の正社員を狙う

40代以降はもう、「これから」ではなく「今まで」を見られます。
この年齢までくると、「未経験」転職は可能性がないとは言いませんがかなり難しいでしょう。

この年代に求められることは「上に立てる人間」であることと言っても過言ではなく、今までの管理能力や、現場でのリーダーシップなどがスキルにプラスアルファで見られることになります。

また、40代となっても「将来の展望」と言ったものはある程度重要になります。
いくつになっても「意欲」のある人間の方が重宝されるためです。

ただし、若かりし頃のような夢物語ではなく、今まで得た経験やスキルを踏まえて、「じゃあこう出来るんじゃないか、こうなるのではないか」と言った現実味のある展望であることが望ましいでしょう。

より確率を上げるために

転職をするにあたって、より良い仕事に出会う、より採用される確率を上げる、といったことは重要な課題です。

それらを実現するためには以下の3つのポイントが重要です。

  1. より多くの求人に出会うこと
  2. その会社を良く知る事
  3. 自分を「魅せる」力を身につけること

しかし、より多くの求人に出会うためには、ひとつひとつ企業を探したり、転職サイトを毎日チェックしたりする必要があり、また気になる会社の情報も、個人レベルではコーポレートサイト程度で雰囲気を掴むのが精いっぱい。

また、自分を魅せるのはとても難しく、何しろ「何をもってして魅せることになるのか」から根本的にわかっていない、もしくは考えがズレている場合がほとんどで、まさに暗中模索です。

しかし、これらを効率よく達成するためにおすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントの利用価値

転職エージェントの利用価値は、おおざっぱに言えば

「普段知りえない情報の宝庫」

であることです。

沢山の求人があるのは周知の事実であり、さらに非公開求人と言った、「そもそも登録しなければ見つけることが出来ない求人」も存在します。

次に、転職エージェントは求人を企業から得る都合上、もちろん企業と直接コンタクトを取っています。
このように企業から直接得る生の情報程有効な情報はありません。
しかし、これも私たちが直接知るすべは残念ながらないのです。

最後に「自分を魅せる方法を教えてくれる」といった大きなメリットがあります。

企業がどのような情報を望んでいるか、何に価値を見出すかと言った企業側の目線から、あなたの経験から何が強みとして通用するか、どのように伝えるのが効果的か、と言った求職者側の目線まで、今までの求職者を転職させてきたノウハウとして持っているのです。

よく「履歴書や職務経歴書の書き方」や「面接対策」と簡単な言葉で紹介されることの多いサービスですが、その中身は名称以上に濃いものなのです。

このように転職エージェントは

  1. より多くの求人に出会うこと
  2. その会社を良く知る事
  3. 自分を「魅せる」力を身につけること

の3つのポイントを満たすために都合の良い媒体と言えるのです。

IT系転職におすすめの転職エージェント

最後に、IT系転職におすすめの転職エージェントをご紹介して終わりにしましょう。

IT系の転職と決めているのなら、コンサルタント自体が業界を良く知っている方がより自分の希望とのギャップの少ない求人・企業を紹介してくれる可能性が高まるため、IT特化の転職エージェントをメインに登録すると良いでしょう。

レバテックキャリア

人材紹介会社のレバレジーズのIT特化セクション、レバテックキャリア。 IT特化の転職エージェントとしては大手のエージェントで、ヒアリング能力、希望・要望の理解力に長けていると評判です。

何度も企業のヒアリングを行い、企業が欲しいスキルや人材を出来る限り正確にとらえるスタンスが特徴で、企業側のニーズと求職者側のニーズをより合致させることを得意としています。

その結果、欲しい人材やスキルのズレが減り、決定率を上昇させることに成功しています。

情報収集力が非常に高いレバテックキャリアですが、そもそもレバレジーズでは自社のエンジニアが実際に各企業で業務を行っており、その独自経路が情報収集できるのが、その強みにつながっています。

レバテックキャリアの強み

  • 大手ならではの豊富な求人数
  • あなたと企業双方の希望を深く把握し合致させるコンサルティング
  • 高い決定率
  • 独自の情報収集ネットワーク
レバテック キャリア

 

ワークポート

ワークポートは古くからIT系に特化して運営してきた転職エージェントで、IT特化型転職エージェントとしては最大手。

もちろんIT系求人がとても豊富で、それは転職活動において最大の武器と言えます。 エンジニア、Web系、ゲーム関連の転職を探しているなら是非登録したい転職エージェント。

転職活動を有利にする履歴書や職務経歴書の書き方から面接対策まで、添削や無料セミナーで幅広いサポートを提供しています。

また面白い点として、独自のスケジュール管理ツールを提供しており、そのツールひとつで提案された求人や選考結果などを管理でき、転職活動を円滑に行うことが出来ます。

最近ではIT関連以外の職種も展開し始めたようですが、やはり一番頼りになるのはIT系求人と思って間違いないでしょう。

ワークポートの強み

  • IT系最大手の求人数
  • 幅広いサポート体制
  • 独自ツールによる転職活動の円滑化
ワークポート

 

Geekly

10年以上運営し続ける老舗のIT・Web・ゲーム業界特化の転職エージェント。

2000件以上の非公開求人を抱えているのが魅力的。
その中にはGeekly独占求人も存在し、もちろん登録しなければその案件に出会える可能性はない。

また、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」において第1位を獲得しており、信頼性がある。

Geeklyの強み

  • 2000件以上の非公開求人数
  • Geekly独占求人
  • リクルートキャリア社にも認められた信頼性
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

 

リクルートエージェント

言わずもがな最大手。全国を網羅し、求人案件の数が豊富。これだけで利用する価値があるおすすめ中のおすすめ。
その求人数はなんと公開非公開合わせて100,000件にも上り他の追随を許さず、 そのうち公開求人数は大体10,000件程度であるため、外からでは比較できません。

しっかりとした転職ノウハウで、履歴書や職務経歴書といった書類の書き方から、応募企業にあった面接アドバイスなど、迷うことなく転職活動を進められる印象。 また、年収など給与面に関しても、強気な交渉をしてくれるのも特徴で、転職で年収アップを考えているなら、なおさらおすすめのエージェント。

なんといっても、あらゆるエージェントと比較しても案件紹介のスピードはピカイチ。そして業界において「転職決定実績がNo,1」であることも見逃せないおすすめポイント。

リクルートエージェントの強み

  • 案件紹介スピードが速い
  • 決定率が高い
  • 給与アップが見込める
リクルートエージェント

 

type転職エージェント

丁寧な対応、意図を汲み取ってくれるといった評判の高いおすすめの転職エージェント。 希望条件や望んでいるキャリアにおいて、考えられる様々な路線を一緒に考えてくれるような、転職活動において狭くなっている自分の視野を広げてくれる、そういうコンサルだと見受けられる点が高評価。

登録者数も最大手と比較すると少し少なめなこともあり、その分1人に割ける時間が多いのも、コンサルの質が高くなる要因のようです。 関東圏のみの対応となるものの、関東圏での転職活動なら求人数も申し分なくおすすめ。

古くからのつながりがある企業も多いことから独占案件が多く、他の大手転職エージェントと案件がブッキング(同じ案件を複数の転職エージェントに紹介される)を起こす率も低めなのも○。 人の質と案件、両方が備わった良い転職エージェントだと感じます。

type転職エージェントの強み

  • 豊富な求人数
  • ベンチャーにも強い
  • コンサルや交渉に強い
type転職エージェント
SPONSORED LINK

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - IT・Web・エンジニア