対処法はどうする?嫌な上司の特徴ランキングTop10

      2015/04/11

デスクどんな会社でも嫌な上司は良くいるもの。

やる気をそいできたり、上司の泥をかぶせられたり。

そんなわけで、どんな上司が嫌われるのか、嫌な上司の特徴ランキングをまずはどうぞ。

1位:責任から逃れようとする
2位:口ばっかりで、行動を起こさない
3位:理不尽なことで叱る
4位:こちらの話を聞かない、自分勝手
5位:嘘をつく
6位:部下の手柄を横取りしようとする
7位:マネジメント力が無い
8位:上司の顔色やご機嫌ばかりを伺って仕事をする
9位:部下を信用していない
10位:叱らない、褒めない、部下に無関心でコミュニケーションをとらない

出典:責任逃れ上司が最悪!好き&嫌いな上司部下ベスト10|【Tech総研】

どうでしょう?よくいますよね、こういう上司。あなたの周りにもこんな上司はいるのではないでしょうか。

ちょっと具体的な例と対処法に見ていきましょう。

SPONSORED LINK

嫌な上司の特徴とそんな時の対応

1位:責任から逃れようとする

自分の下した決定が間違いだと気付くと、人の所為にしてくる。 性質が悪いのは、上司の上司に指摘された瞬間、やったのお前だよね、みたいに掌を返す人。

対応

指摘された瞬間に、それは上司の決定であるとちゃんと言う。 この時、上司に反論される場合もあると思うが、「部下には決定権が無いため独断ではできない」ことを伝える。 基本的に、仕事は上司に了承を得て行うものだということを、しっかりとわからせよう。

あくまで伝えるのは、言った言わないではなく、「部下には決定権が無い」「指示に従った」ということである。

2位:口ばっかりで、行動を起こさない

いわゆる仕事をしない上司。これやんなきゃいけないよね、とはいうけど、実際にはやらない人。 要は上にはそう言ってごまかしとけ、というタイプ。

計画というものが無いので、本当に必要になった時にギリギリになって仕事を振られることが多々ある。

対応

仕方がないので必要そうなことをある程度やっておいて、隠しておく。 無駄になることも多いが、時間的に首を絞めることも少なくて済む。

本来時間の余裕のない仕事の依頼は、無理であること、クオリティを下げることを要求する。 飲まない場合は、勝手にクオリティを下げてスケジュールに押し込むしかない。

3位:理不尽なことで叱る

基本的に「なんで俺?」という怒られ方が多い。そして、感情的になりやすい上司に多い。 内容的には「それは誰々に言ってください」と言いたくなるような内容。

また、その標的になりやすい人も存在する。

対応

まず一つは論破すること。相手は理不尽なので、正しい意見に弱い。 もちろん、それにさらに逆ギレする人はいる。しかし、怒りづらさは感じるらしく、だんだん怒られなくなる。 何故怒られなくなるかというと、上司が正しく理解できたわけではなく、怒りの矛先がほかの人、要は理不尽なことを黙って聞いてくれる人に向く。

まとめると、はいはいと聞いてしまう人になってしまうと、このウザい上司の標的になるから気を付けよう、ということ。

4位:こちらの話を聞かない、自分勝手

自分の考えに絶対的自信を持っている上司に多い。正解か不正解化は別として。 何を言っても聞かないので、これが一番めんどくさいし、個人的にはやる気をそがれる。 やる気のない上司の方がまだマシ。

指示もめんどくさいのがこのタイプで、残業とか平気で押し付けてくる。 鳴かぬなら、鳴かせて見せよう、ホトトギス。 ほんとにこっちは泣くハメになる。

対応

「好きなようにやらせとけ」が通用しない、実害をこうむってしまうタイプ。ほんとにめんどくさい。 基本的に曲げられないので、やるしかない。そこで自分を保つためには、「やっつけ仕事」をすること。 「終わればいい」を基本方針にする。 弊害は、仕事が面白くなるなることだが・・・。

5位:嘘をつく

「俺はちゃんと伝えたはずだ!」とか「昨日言ってあっただろう?」とか、やってないことをあたかも「俺はやった、責任は俺にない」と主張してくる。

対応

証拠を残させる。口頭で言ったことを、再度メールで送ってもらうようにする。 言った言わないの問答をなくすために「今後メールで証拠を残すようにしてください」と提案。 最初はいうことを聞かないだろう。 でも、ほかの部署の人なども巻き込んでいくうちに、あなたの上司は「仕事忘れの対策をしない人」ということになる。

最終的に「証拠を残さない上司」が悪者になれば勝ったも同然。

6位:部下の手柄を横取りしようとする

他人の手柄を自分の手柄に。上司が上司の上司に報告義務が逐一あったりすると、知らない間に持ってかれる。 善意でやったことが、あたかも上司がやったことのようになっていたり。

対応

実は結構簡単。それは「証拠を残す」ということ。 自分のやったことをしまっておかないで、cc付きで部内や社内のメーリングリストに送信する。 内容も細かい方がいいです。どうしてやったのか、指示があったのか、など。

上司以外の人間にも証拠が見えるので、上司は勝手に行動できなくなる。

7位:マネジメント力が無い

仕事の振り方が下手、今やってることの全体を把握していない、そんな上司。 話の行き違いが増え、余計な仕事も増える。

対応

上司と話をすること。どんな話が進んでて、どんなことを今やらなければならないのかを把握する。 他部署と連携してるはずなので、そういう情報を直接取ってきてもいい。 というか、上司がやらないなら自分がやるしかない。

周りからの評価は上がるはずなので、上司が退職したときはすごくチャンスになる。 ある意味状況次第ではうまみの残るおいしい上司。

8位:上司の顔色やご機嫌ばかりを伺って仕事をする

会社の売り上げとかそっちのけ、上司の上司におこられない、めんどくさいことを言われないように仕事をする人たち。 上司がそのまた上司に小言を言われないことが目的なので、振ってくる仕事の中には、本質を見失ってる仕事もちらほらで、やる気をそがれる。

対応

やるきはそがれるが、上司の求める仕事をする、だけ。それが出来れば本質と違ったところで、あとは上司が勝手になんとかしてくれる。 その成果物が上司の上司に気に入られようが気に入られまいが、知ったことではない。 前述のとおり、やるきがそがれるので、転職意欲は沸きやすい。

9位:部下を信用していない

自分がすべてを把握していないと気が済まないタイプ。自分の目の届いていないところが不安で仕方ないタイプ。 とはいえ、失敗したら自分の責任だ・・・となっている人が多いので、まぁある意味責任感があるだけましかと、最近思い始めた。

問題は、その上司がボトルネックとなり、仕事がスムーズに回らなくなること。

かといって勝手にやると、「俺はそんなの知らない」って言って怒り出す。めんどくさいタイプではある。

対応

率先してやる、というふつう評価される行動がマイナスになりやすい。 なので、何か意見があっても、勝手に行動せずに放置。何かあったら上司のせい。 やる気があだになりやすいので、我関せず、なるようになる、をモットーに。

10位:叱らない、褒めない、部下に無関心でコミュニケーションをとらない

10位なだけあって、かなり無害な部類。張り合いなどはないが、仕事にそもそもやる気を持っていない人からすると逆に貴重。 逆に、やる気があると、のれんに腕押し状態なので、何をやっても「意味があるのか」自問自答する羽目に。

対応

やる気があるなら、メールのccなどでこっそりと自分の成果を伝え、上司以外の人にアピールする。 やる気が無い人なら、そのままそこにいるが吉。たぶん最後まで無害。

嫌な上司との付き合い方

嫌な上司は大概「上司の責任」を果たしていないことが多い。それがこっちに降りかかってきたりするからめんどくさいのだ。

そこで、私が言っておきたいのは「責任の所在を明確にしておくこと」。

あなたが背負うべき責任、上司が背負うべき責任を、明確にするために、メールなどのやり取りを証拠としてきっちり残すことによって、自己防衛をしていく。

こうすることで上司の泥をかぶることも極力減らすことが出来ると思います。

嫌な上司は、どうせいつまでたっても嫌な上司です。その人そのものをどうにかするより、泥を上司に突き返した方が、はるかに建設的です。

嫌な上司と毎日仕事をしているみなさん、ぜひ頑張ってください。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事・職場への不満