登録して損はない!おすすめの人材派遣会社7選

      2015/11/04

b4dd4f9ac0c1b0d080ddd6aeb7196931_s世の中にある様々な人材派遣会社の中で、どこに登録するべきか。

最低限の指標とするために、ここではおすすめの人材派遣会社を10社ほど、特徴と共に選定しました。

また、その中でも、どういった順序で登録すべき人材派遣会社を選んでいくかも、ご紹介します。

SPONSORED LINK

おすすめ人材派遣会社7選

インテリジェンス

リクルートスタッフィングには及ばないが、人材派遣会社として大手。
案件数も多く、それでいてリクルートスタッフィングよりも登録者数が少ないため、1つの案件を登録者同士で競合することが比較的少ないのが利点。
短期、短時間勤務などのバラエティの豊富さに、出産育児関連の豊富なサポートメニューも魅力的。
評判がよく、特に自給面で優れた待遇を用意してくれる場合が多いのがおすすめの理由。

インテリジェンス

JOBnet(マンパワーグループ)

対応に定評のある外資系人材派遣会社最大手。
事務、IT系、金融など幅広い職種の案件をもち、国内150か所の拠点を展開している。
また、最大手の人材派遣会社に比べ知名度は高くなく、1つの案件に対する社内競合もほぼいないのもおすすめ。
営業が細かの情報まで詰めて話をしてくれることや、福利厚生の充実ぶりも評判。

JOBnet(マンパワーグループ)

マイナビ派遣

派遣に限らず何かしらで一度は聞いたことのあるであろう「マイナビ」が運営する人材派遣。
サイトの使い勝手がよく、仕事が探しやすい。スカウトメールも使えて、マイペースで仕事が探せるのが魅力。
知名度通り掲載案件数も多い。

マイナビ派遣

リクルートスタッフィング

評判も良く信頼できる人材派遣会社。
ただし、最大手でありもちろん求人数は膨大。ただし登録者がとても多いのが、求職している側としてはネック。
登録者が多いために、一つの案件を社内選考することが多く、それが障壁となってしまう。
ただし、対応は優れており、登録の価値はある。

リクルートスタッフィング

イマジカデジタルスケープ

クリエイティブ系に特化した人材派遣会社。
Web製作関連、デザイナー、ゲーム会社など、あまりこの辺に特化している人材派遣会社が無く、自分の路線と合致するなら重宝する。
対応も良く、長期化してもきちんと仕事を紹介し続けてくれるマメさも○。

イマジカデジタルケープ

スタッフサービス

評判の悪い時期もあったスタッフサービスも、2007年にリクルート傘下となり、サポートなども充実した。
福利厚生もスタッフのケアを充実させており、メンタルケアなども力を入れている。
また、word・excel・パワーポイントなど基本事項はeラーニングで無料受講可能
知名度の高さ通り、案件量も多い。コンサルの評判がイマイチで登録者数が比較的少ないのか、1つの案件に社内競合が比較的少ないのも狙い目。

スタッフサービス

ヒューマンリソシア

営業の対応が評判の人材派遣会社
いわゆる仕事探しと言うよりも、もっと人と人との接し方に温かみがあると評判。
リクルートスタッフィングが有名ホテルだとするなら、ヒューマンソシリアは民宿といったところか。
仕事を気持ちよく続けることが出来、辞めるときも気持ちよく辞められる、仕事してよかったと思わせてくれると評判。

ヒューマンリソシア

おまけ

リクナビ派遣

派遣の求人を探すのに使いやすいサイトとして念のため紹介。
こことマイナビの派遣求人サイトとの併用が良いと思います。

リクナビ派遣

実際に人材派遣会社に登録するにあたって

まずは人材派遣会社の求人を見て、あなたが望む仕事、もしくは近い仕事があるかどうかを確認します。

その仕事に応募したいな、と思ったら、エントリーと同時に登録します。

こうすることにより、「仕事が無いのに登録してしまう」という2度手間を少しでも減らすことが出来ます。

もちろん、登録者数が多ければ、せっかくWebで見つけた仕事も、登録時にはもう募集が締め切られていることも日常茶飯事です。
しかし応募したい案件があった、と言うことは、それに似た案件を今後もとってくる可能性があるということを意味しますので、完全に無駄と言うわけではありません。

特に大手人材派遣会社は、登録している求職者も多いので、登録時にエントリーがもう締め切られている傾向が強くなりがちです。
では、大手はもう登録しないほうがいいのかと言うとそうとも言い切れません。

そのかわりに、大手は豊富な案件数があり、Webで見つけた案件が無くても、次から次へと案件を紹介してくれることも多々あります。
逆に、中堅どころはその一つを外すと、次がなかなか見つからないこともあります。

この辺はどちらも一長一短ではありますが、登録している人材派遣会社が増えれば、それだけ案件を紹介してもらえる機会が増えることに違いはありません。

これらをまとめると、登録時にエントリーした案件が残っているかどうかにかかわらず、

「行きたいと思った案件にエントリーしつつ登録」

が一番効率的で望ましいと考えます。

まず闇雲に登録、ではなく、自分が応募したい求人案件があるか、を調べてから行動に移していきましょう。

また、正社員案件をお探しなら「最低限登録したい、おすすめ出来る転職エージェント比較 」も参考になると思います。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職エージェントの選び方