転職エージェントを上手に掛け持ちする為のポイント

      2016/11/09

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s転職エージェントは何社掛け持ちすればいいの?
転職エージェントを掛け持ちした時、それぞれのエージェントにどう対応したらいい?
掛け持ちするならどこの転職エージェントが良いの?

こんな悩みをあなたは抱えていませんか?

今回はそんな悩みを解消し、上手に転職エージェントを掛け持ちしていくポイントをお伝えしていきます。

SPONSORED LINK

転職エージェントはいくつ掛け持ちするべき?

まずはじめに、私がおすすめする転職エージェントへの登録数はのは3~5社です。
しかし、ここで間違えてほしくないのは
登録する数と掛け持ちする(実際に使う)数は違う
と言うことです。

おすすめされているから登録した、大手だから登録した、でも、実際にコンサルタントに会って話してみたらあんまり信用できそうになかった。

もし1社しか登録しないと決め込んでいたら、あなたはこんなコンサルタントに転職の行方を預けることになってしまいます。

あなたが本当に信頼出来て、安心して利用できる転職エージェントを選択する。
そして結果として、掛け持ちする数は2~3社になると思います。

それ以上、例えば5社程度掛け持ちし始めると、エージェントとの連絡に追われはじめ、精神的に疲労して来てしまいさっさと仕事を決めることが先行してきてしまう可能性があります。
これでは転職をする意味が薄れてしまいますよね。
また、それだけの数の信頼できるエージェントを探そうと思ったら、登録する数もそれだけ増えてきてしまいます。
転職活動の前に気力が失せてしまってはこれもまた本末転倒と言えるでしょう。

転職エージェントを掛け持ちした時の対応

掛け持ちした時、と言うより、登録した時の対応になりますが。
複数の転職エージェントに登録した時に置きがちな対応に関する悩みを解決して行きましょう。

1.エージェントの押しが強い

期限を決めてきたり、週に1回は面接したいですね、など、こちらの都合に関係なく転職活動のペースを強要してくるコンサルタントがいます。

こういうコンサルタントには、こちらの転職活動のペースがどのくらいなのかをきちんと説明します。
特に在職しながらの転職活動の場合は、月1程度面接のために会社を休むのでさえ、なかなか大変なことですよね。

もしこれで効果が無いようなら、その転職エージェントは使わない(お断りを入れる)対象となります。

2.最終的に仕事が決まった転職エージェントを聞いてくる

他者で転職が決まった時は、どの転職エージェントを利用して採用が決まったか教えてください。
などと言ってくる転職エージェントがいます。

この言葉の感じ方は人によりけりだと思いますが、束縛感というか、「うちを使って転職してください」感を強く受け取られる方もおおくいらっしゃいます。

しかし、他の誰が何と言おうと、あなたが不信感を抱いたならそのコンサルタントはもう使わないと決めて良いと思います。

一度感じた不信感はなかなか拭えるものではありませんし、他の方がどう思おうとそれは「あなたの感覚とは反りが合わない」わけですから、今後も使っていっても気持ちよく転職活動は難しいと考えます。

3.紹介してくれる求人が少ない

紹介してくれる求人が少ない理由はいくつか考えられます。

  • 登録したエージェントの特色と、あなたのスキルがマッチしていない
  • そもそもその転職エージェントの持っている求人数が少ない
  • たまたま時期的に求人数が少ない

このうち上2つの理由なら、その転職エージェントを利用する価値はほぼ無いので頭数に数えません。
たとえあなたの希望に大方マッチした案件がなくとも、参考までにいくつかの求人を面談時に大概見せてくれたりしますので、最初の段階でそういったことが無いエージェントならその時点で切ってしまうのもありだと思います。

3つ目の時期的、というのは、転職の季節的なこともありますが、リーマンショックなどの時期は本当に仕事が激減していましたので様子見です。

程度にもよりますがコンサルタントさえ信頼出来るなら、基本的に放置し、紹介されたらいいな程度に付き合うのが良いと思います。

掛け持ちする転職エージェントの選び方

私のおすすめする掛け持ちの組み合わせは

大手 + 得意ジャンルを持つ中小

です。

大手の転職エージェントで応募できる求人を多く確保しながらも、特定の業界に強い中小エージェントに登録して、より希望条件に合った求人を探し続す、というスタンスです。

注意してほしいのは中小エージェントのコンサルタントが信頼できるかどうかです。
中小エージェントに登録する理由は、よりあなたの希望に合った条件の企業を探すためです。
そのコンサルタントが使い物にならないようでは、中小エージェントに登録する意味がなくなってしまうからです。

転職エージェントの掛け持ちをおすすめします

複数のエージェントにまずは登録することで、いわゆる「使えるエージェント」に出会うことが出来ます。
そして、それが複数あることで出会える案件が増え、転職活動がスピーディーになります。
また、転職活動に必要な情報が増えます。それは企業に関する情報、転職市場の情報、そしてあなたが書類審査や面接に突破するための情報です。

これらが揃うことで転職が成功する確率を上げることや、転職先が決定するまでにかかる時間を削減することが可能になっていくと思います。

もし今あなたが、登録している転職エージェントに不満を持っていたり信頼できないと感じているなら、他の転職エージェントにも目を向けて信頼できるコンサルタントをまず見つけることが、成功への近道となるでしょう。


≫  つぎは・・・


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職エージェント活用法