本人希望欄って何書くの?本当の履歴書の本人希望欄の書き方

      2015/04/11

書類本人希望欄って言っても、特に希望ないんだけど。とか、希望って本当に希望書いていいの?と悩んでしまうのが、履歴書の本人希望欄。

何を書いたらいいのか、何を書くべきなのか、というのがいまいちハッキリしない項目です。

しかし、この本人希望欄の項目の存在意義を知れば、誰でも簡単に本人希望欄を埋めることが出来ます。

SPONSORED LINK

履歴書の本人希望欄を見て面接官が思うこと

あつかましい内容はやはりウザがられます。そして、項目が多くても疎まれます。何も始まってないのに「あーしてください、こーしてください」って言われたら、誰だってむっとするでしょう。

では、どうしたら印象が良くなるのか。

実は特に印象が良くなることはありません。

しいて言うのであれば、本人希望欄というのは、こちらからの注文なので、極力少なく、ということくらいでしょうか。

鉄板!履歴書の本人希望欄の書き方

希望が何もないのであれば、いや、あったとしてもここでは

「貴社規定に従います」

で決まりです。テンプレかつ間違いないと思っていいでしょう。

特に何も書くことが無いからと言って、余計に頑張りますとかよろしくお願いしますとか書いて文章を長くしてしまうと、文章も読まず文字量だけ見て「あ、こいつ注文多そう」とか思われてしまいます。

履歴書の本人希望欄にテンプレ以外を書いていい時

では、どんな時に、「希望」を書いていいかというと。

・複数の職種を募集している場合
・勤務地が複数あり、指定が無い場合
・シフト勤務で、複数の時間指定がある場合

です。

要するに、企業側があなたに与えた選択肢の中で、どれを選ぶか。だけです。

どうしても譲れない労働条件はどこに書く?

履歴書には書きません。

それは面接のときに対応します。

代表的なものが給与。

今のベースを下げたくない、というより上げる為に転職する人も多いでしょう。

ただ、面接のときにどのみち聞かれる内容なので、その時に交渉します。

勤務地や時間に関しても、希望として書いてはいても、実際はその希望が通らないと働けない人もいますよね。

子供の送り迎えや、親の介護など。そういう話も面接できちんと伝えましょう。

これを履歴書に書いてしまうと、面接官はあなたの事情を知らないので「わがまま言ってる」としか映らなくなってしまうのです。

だから、本当に譲れない項目は、面接で直接伝えるのです。

本人希望条件は、1次面接までにまとめておく

条件面をある程度最初の面接で決めようとする企業は多いです。

あたりまえっちゃあたりまえなんですが、条件面でお互い譲れない部分が呑み込めない場合、どんなに有能な人でも2次面接に来てもらう意味がありませんよね。

だから1次面接までに希望条件をまとめておいてください。

そして、その範囲の中で、妥協できるラインを決めておきましょう。

給与なら、希望給与からどこまでなら下げられても我慢する、とか、勤務地なら第3希望くらいまで考える、とか。

まとめ:履歴書の本人希望欄に余計なことは書くな

「貴社規定に従います」

「譲れない希望は面接で直接話す」

これだけ覚えておけば大丈夫です。

余計なことは極力書かないこと!

この欄は、書いてあったらあっただけ、マイナスになっていく項目と思っておいて良いでしょう。


≫ つぎは・・・

もっと履歴書の書き方を知りたい
履歴書の書き方

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 履歴書の書き方