仕事を休みたい人の為のたった1つの危険信号

      2017/11/27

imarizazen0i9a7332_tp_v1毎日毎日朝家を出て夜遅く帰ってくる。
落ち着く家にいる時間なんて飯食って寝るだけ・・・

そんな毎日が馬鹿馬鹿しくなったりなんのために働いてるのかわからなくなって、仕事を休みたいななんて思うこともあるでしょう。

当然私はあります。

やれうつ病だの、SOSだの、会社を休みたいと思うだけで「メンタル大丈夫?」なんて言われる時代になりましたが、こんなの当たり前だと思うんですよね。

そんな私でも、これは本当にヤバい、こうなったらさすがにSOSじゃないか、と思わざるを得ないことがありますのでお伝えします。

SPONSORED LINK

仕事を休みたいなんて誰でも思う

あなただけじゃありません、仕事なんて行きたくない、休みたい、って思う人が大半です。

私が実家を出て社会に出るようになってしばらくしたころ、父親が「仕事行きたくない~」とよく母親に愚痴っていたのだそうです。

あれだけ仕事に当たり前のように通い、弱音を吐く姿など見たこともなかった人間でさえ、本当はそんなことを思っていたのです。

この話を母親から初めて聞いた時には、「あぁ、父親も人間なんだなぁ」とホッとしたものです。

仕事を休むことへの罪悪感

仕事を休みたいとは考えるものの、そこでストップがかかるのは「罪悪感」だと思います。

仕事が進まなくなってしまう、会社の人や同僚に迷惑をかけてしまう、そんなことを頭がよぎり、重い腰を上げて会社に行くのです。

仮に会社を休んだとしても、会社へ断りを入れる時には、とても苦しい気持ちになったり、バレることを恐れたりします。

正直、ここまでは正常です。

ただ、こういう感情を毎日抱えていると、本当に朝起きると頭痛や吐き気に襲われて少しずつ遅刻が増えたりします。

ちょっとアブナイ感じがしてきますよね。

でも、それ以上に、本当にマズイ状況があります。

流石に危ない危険信号

さて、仕事を休みたいと思うこと、休むことに対してあんなに罪悪感を抱えて生活をしてきました。
しかし、危険信号は突然やってきます。
何も感じない
のです。

朝起きて、仕事を休みたいと思う。
ここまではいつも通りです。

しかし次の瞬間「うん、じゃあ休もっか」と瞬間気持ちが切り替わります。

罪悪感を持ちながら会社を休み、でもせっかく休んだのだから何とかリフレッシュさせないとと、必死に罪悪感を振り払ったあの日とは違います。

もう会社を休むことがそれまで当たり前だったかのように、ふと何かが吹っ切れます。

こうなったら、心の末期症状だと思った方が良いでしょう。
まずは仕事から解放される状況を作り、リフレッシュする期間を設けたいところです。

リフレッシュするために

リフレッシュする方法は大きく2つ。

もし今の職場に戻りたい、今後もそこで仕事を続けたいと思うのなら、病院へ行くことをおすすめします。
おそらくうつ病やうつ状態と診断されるでしょうから、その診断書と共に休職するのです。

公的な長期間の休みとなるわけですから、心をリフレッシュするには、保険料も払っている以上ぜひ利用したいところです。

そしてもう一つは転職することです。

その会社がどうしてもイヤだと感じたうえで、心が悲鳴を上げているのなら、いっそ転職をおすすめします。
有給消化なども利用することで何もしない期間も作ることが出来ます。

危険信号が出るまで、仕事を頑張ったのですから、頑張った心を是非リフレッシュさせてあげてください。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術