転職するかしないかの決め手になった出来事

      2017/03/31

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s転職するかしないか、転職していいのかどうか、どうしても自分だけの考えでは決定打に欠けることもあると思います。

ここでは昔私が転職するかしないかを決定づけた経験談をお話ししてみようと思います。

もし今少しでも情報が欲しい、他の人がどうしていたのか知りたい、と言う方には一つの参考例として受け取っていただければと思います。

SPONSORED LINK

転職を考えた理由

そのころ私は派遣でした。
そろそろ正社員になりたいなぁ、と思ってもいましたが、その大きな理由が金銭面です。

他の投稿でも何度か書いていますが、私は異業種転職をしているので、ある程度の期間派遣止まりでもそれは覚悟していました。
で、ある程度経験も積んだうえで、そろそろもう少しお金が欲しい、とそう思うようになったのです。

というわけで、当面の目標は金銭面です。

何ならその会社で正社員になってもいいかな、くらいに思っていたので、そのまま時給が上がるならもう少し派遣で続けてもいいかと考えていました。

そして、私は時給の交渉を始めたのです。

転職するかしないかを決断した出来事

そのころの私は、最初の契約の範囲よりも広く仕事をするようになっていました。
もちろん交渉の金づるにもなりますし。

で、それを武器に交渉を根気よく行った結果、自給が上がりました。

・・・20円。

 

は???

 

と。
それが率直な感想。

周りの同僚(向こうは社員ですが)などに聞いても給与水準が低いらしいことも確認し、そのうえで私は転職を決意しました。

業種や職種に不満はなかった

働いていた環境も一部の人間を除いて兼ね人間関係も良好で、仕事の内容にも不満はありませんでした。
と言うわけで、転職も同じような仕事を探しました。

時間は結構かかって半年くらいだったかな。

結局50万くらいは年収がアップしました。
本当にあの会社で粘らなくてよかったと今は思っていますし、それをステップアップにして、さらに年収を上げることもできています。

中には「もう金なんていいから」と思うくらい思い詰めている方もいらっしゃると思います。
逆に言えば、そこまで思っているなら、もう決断していいと私は思うのです。

あなたの人生はあなたが操るべきで、他人が操るべきものではありません。
あなたの好きにしていいのです。

誰に何を言われても、その本質だけは覚えておいてほしいなと私は思います。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド