人生の選択で迷ったら思い出したい2つのポイント

   

今何をすべきか、どちらを選ぶべきか。
今あなたもそんな選択に迫られてはいないだろうか。

人生は常に選択の連続、という有名な言葉。
私はこの言葉が好き。

そんな選択の連続の中、度々迷ったりはするもので。
そんな時に思い出したい2つの考え方を共有しようと思う。

1.死ぬときに後悔しないほうを選ぶ

私がいつも考えているのはこれ。
基本的には自分に忠実な選択をするように心がけている。

例えそれが大多数の人間に笑われるような選択だったとしても、「他人に笑われるからやらなかった」というような理由で後悔していては死んでも死にきれないと思っている。

常に選択の責任は自分にあるのだ。

他人のせいで公開に終わっていく人生など、何の価値があるだろうか。
私の人生は私のものだし、あなたの人生はあなたのものだ。それも1度きりの。

それを他人に左右されるなど、もったいない。

おそらく、死ぬときに一番後悔することがあるとすれば「自分の意志にまっすぐに生きてこられなかった時のこと」だろう。

2.どうしたら諦めがつくかを考える

やらない後悔より、やる後悔、というこれまた有名な言葉。

これは「やるだけのことはやった」のなら「諦めがつく」からだ。

人生諦めが肝心、と言う言葉もあるが、これは最初からあらゆることに期待するなと言っているわけではない。
人事を尽くして天命を待つ、と言うのが正しい解釈だろう。

努力は必ず報われるとは限らない、とはいえ努力が無ければノーチャンスなのだ。

チャンスをつかみたいと思うなら、まずは行動するべきなのだ。
たとえチャンスをつかめなかったとしても。

自分の考えを大事にしよう

今お話しした2つの考え方は、どちらも自分を本位に考えている。
それが正しいことだと私は信じている。

なぜなら、他人の所為にすることほど、自分にどうしようも出来ないことは無いからだ。

自分で決めたことならば自分で解決しようもある。
しかし、他人基準で決められたことには、自分ではどうにもできないことが多々ある。

それでは自分の人生に納得が出来なくなるのだ。

また、自分本位と言っても他人の事を考えていない、考慮しない、ということではない。
特定の人物に人生をささげたい、それが本懐だというのであれば、その特定の人物のために生きることが「自分本位」と言える。

まとめていいかえるなら、「自分の生きざまを第一に、正直に」選択することが重要なのだ。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 人生・将来を考える