面接であなたの「人柄」を把握するために聞かれる質問10選

      2016/12/05

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s「面接では人柄が重要視されます。」といった言葉は幾度となく耳にしたことがあるでしょう。
人柄ってなに?あなたは面接のときにどういったテクニックを駆使して自らの人柄を面接官に伝えたら良いのか悩んではないでしょうか。

面接官は同じ職場で同じ会社に勤める人物の人柄を限られた面接回数、面接時間で把握しようとします。
面接のときには必ずあなたの人柄をききだす質問がされるのです。

裏を返せば、この「人柄に関する質問」を攻略すれば面接を通過する確率もかなり上がるということです。

SPONSORED LINK

あなたの「人柄」はこの質問から暴かれる!【10選】

「面接を待っている間何を考えていましたか?」

不意にこのような質問を初めにされると、少しペースが乱されてしまう場合もありますが冷静に落ち着いて「面接で何を聞かれるのか、上手くいくか緊張していました」と、素直に思っていたことを答えましょう。
面接官は意表を突かれたときのあなたの対応や、あなたが落ち着いた回答を行えるかをみています。

「あなたの長所と短所は何ですか?」

面接で聞かれる質問トップ3に入り込むこの質問。

特に聞いているのは短所です。
面接官はあなたが自分自身の短所とどのように付き合ってきたのか聞くことにより、あなたが問題や課題をどの様に解決するのかを把握したいのです。

「あなたの強みと弱みは何ですか?」

一見、長所と短所と同じように思えるかもしれませんが、この質問はあなたの強みを会社の中でどのように生かし、弱みをカバーしてきたのか、を聞いています。
長所や短所よりも、より会社に入ってからの行動と結びつけて答えることが望ましいでしょう。

「ストレスが溜まったときのリフレッシュ方法は?」

会社側は仕事とプライベートをうまく両立して、ストレスをできるだけ溜めず、自らで消化して働いてくれる人を求めています。
音楽や読書といった、自分自身の「お手軽な」リフレッシュ方法を答えることが望ましいでしょう。

「同僚と意見が食い違った場合あなたはどう対処しますか?」

実際に働き始めると、同じ意見の人ばかりではありません。会社側は意見の違った相手への対処方法を聞きながら「会社で人間関係のトラブル」を起こさない人物かどうかをみています。

「趣味はありますか?」

仕事と離れた質問を行い、リラックスした雰囲気を作り出す意味合いも込められたこの質問。
あなたがそういったリラックスした雰囲気の中でもはきはきと答える必要がありますが、表情は少し穏やかに、笑顔を多めにすることでプライベートも充実した人物にみえます。

「将来の夢はありますか?」

この回答であなたの志望と会社の進む道に大きなずれがないか把握します。
また、会社側はあなたが会社に入ったときにどのような仕事に向いているか、どのような仕事を行っていきたいと考えているかという情報を具体的に得ることができます。

「最近起きた悲しかったこと、楽しかったことを教えてください」

この質問も、仕事と離れた質問でリラックスな雰囲気を作る効果があります。
趣味に関する質問よりも、あなたの感性に触れる質問になります。

会社はあなたがどのようなことで心が動き、感動し、やりがいをかんじるのかといった部分を読み取ろうとします。

「あなたはリーダーになりたいですか?

ここで必ずしもリーダーになりたい、と答える必要はありません。会社はあなたが会社に入ったさい、どのようなポジションになり得るかを把握したいのです。

リーダーになるのか、リーダーを支える立場なのか、またはリーダーと共同で課題やプロジェクトをやり遂げていくのか、様々な回答をあなたの性格を含み答えましょう。

「最後に何か言い残したことはありますか?」

この質問に「特にありません」なんて答えるのはあまりにももったいないです。
あなたが会社に入ってからのプランや、あなたの将来設計等、「あなたの考え」を会社に伝えるチャンスです。
しっかりと答えておきましょう。

あなたの人柄を伝えよう!

あなたの人柄を面接官は様々な質問から把握しようとします。
焦らず、落ち着いて、素直に答えることがあなたを好印象にみせうるコツです。
また、実際の体験談や経験談を加えることで信憑性増します。
あらかじめ準備しておくことも重要でしょう。

今や、面接で90%の会社は「人柄」を重要視しています。
人柄をよく見せる本やテンプレートよりもあなたが転職前に得た経験からあなたの言葉であなたの人柄を面接官に伝えましょう。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策 , ,