転職の面接は平均何回?選考が進むにつれ審査は厳しくなる

      2017/01/12

imaric20160805383916_tp_v1転職活動を行う時に何から対策を行えば良いか悩んでいるあなた。
転職活動時の面接回数を知っていますか?

転職するときの面接回数が何回ぐらいか把握していた方が面接に対する対策は立てやすくなります。
まずは面接回数を把握するところから転職活動の対策を行いましょう。

面接は業種や職種に関係なく入社するときにある、越えなければならない・クリアしなければならない課題です。
ここではあなたが、転職活動で必ず必要になる知識をご紹介しましょう。

まずは案件を見つけるところから!というあなたは「転職エージェント比較 おすすめランキング」を参考にまずは転職エージェントに登録しましょう。

SPONSORED LINK

「上手くいかなかった」そういった面接のほうが通る!?

面接であなたはあなたの全てをぶつけなければならない

転職活動を行った中途採用者の平均的な面接回数は約2回とされています。
新卒社員の面接回数の平均は約3回。

新卒と中途採用者ではなぜ面接回数が異なるのか。
中途採用者を会社側は即戦力として考えており、すぐに働いてほしい、会社の力になってほしいという思いから面接の回数が少ないのです。その分、自分自身をアピールする場所は限られます。

また、面接は進むにつれて面接官の目も厳しくなります。
その限られた回数の中であなたの能力を最大限にアピールしなければなりません。

面接での最大の疑問!?

面接をこなすあなたはきっとこんなことを考えるようになるでしょう。

「すらすら話せたのに面接を落とされた」
「詰まりながら、うまく話せなかった1次面接が通った」
「うまくいかない面接の方が通っている」

この様に、あなたが練習したように上手くいかなかった面接の結果のほうが良くなるのには理由があります。
その理由をここでは紐解いていきましょう。

転職活動の面接はこれを押さえよう!

転職活動時の面接回数は約2回

転職活動を行う中途採用者の面接回数は平均2回。これをしっかりと覚えておかなければなりません。
たった2回の面接であなたはあなたの全てを会社にアピールしなければなりません。

しかし、何度も何度も練習を重ねた面接を行っても、あなたの気持ちは面接官の心に響きません。
面接官に響く面接の方法とはどのようなものか。

とにかく短く、質問にだけ答える。

面接官に質問されるとついつい長く話してしまいがちです。
聞かれたことだけを短く、コンパクトに伝える。

例えば面接官が「あなたの長所は何ですか」ときたとします。ここで「私の長所はコミュニケーション能力に長けているところです。コミュニケーション能力といってもただ話す能力に長けているわけではありません。私のコミュニケーション能力とは…」と長々と聞かれていないことまで話す必要はありません。

ここでは「私はコミュニケーション能力に長けています」とだけでいいのです。

必要のないことを話すことは不採用に繋がる、やってはいけない面接の1つです。

どうして上手くいかない面接のほうが通るの?

答えは簡単です。

上手くいかず詰まりながら話した面接の方があなたはあなたの言葉で一生懸命話しているからです。

「いや、すらすら話した方も自分の気持ちを話した」という方もいるでしょう。
しかし、すらすら話したほうが面接官からすると、どうしてもテンプレートな内容に聞こえていた場合が多いのです。

無理に詰まりながら話す必要はありません。
面接中であっても少し間を置いて自分の考えを整理して話すことが重要なのです。

面接官は本やインターネットに載っているような内容を求めていません。
あなた自身の言葉を聞きたいのです。

あなたの言葉で伝えよう。

いかがだったでしょうか。
あなたがついつい面接で行ってしまっていることに面接官の印象を下げてしまっていたことはありませんか。

転職の時の面接回数は約2回。この2回の勝負をぜひ乗り越えてください。

当たり前ですが、面接官も人間です。
能力や技術や資格の前になによりも一緒に働くあなたがどのような人柄かどのような性格かを最重要視します。

一生懸命、あなたの言葉であなたの気持ちを繋げば採用の道は近いものです。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策