面接で自己紹介と家電の買い物は似てるという話

      2017/04/10

9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_sあなたは面接で「自己紹介してください」って言われたときに、思っていること言いたいこと、全部詰め込んでませんか?
おかげで話さなきゃと思ってる部分が多すぎてテンパる。

自己紹介と自己PRは別物だとはよく言われる話。

私もそれに賛成派です。
自己紹介は自己紹介だけ、アピールは違う部分でやればいい。

何故そう思うかを順を追って解説しようと思います。

SPONSORED LINK

人は興味ある事を覚えている

人は興味のあることは記憶し、興味のないことは忘れていきます。

さて。

じゃあ面接官の興味のある事とは?

あなたは興味のあることに対してどんな行動をとりますか?
聞く、調べる、やってみる・・・

はい、「聞く」それです。

面接官も興味のあることはあなたに「質問」してきます。

と言うことは面接官の心に残るのは、面接官が質問したことなわけです。

と言うことは、一番最初に自己紹介と一緒にごちゃごちゃ言ってないで、質問されたらそこでアピールしていけばいいんです。

自己紹介は押し売りじゃない

面接にあなたはあなたを売り込みに来ているわけです。
いくら売りたいからと言って、いいところだけ並べ立てても売れやしません。

あなたが冷凍庫の機能が充実した冷蔵庫を探しに、電気屋を訪れました。

たとえ話ですよ?

店員さんに冷蔵庫がどこにあるか尋ねたら、今イチ押しのエコ冷蔵庫をガンガン勧めてきます。
消費電力が当社比30%OFF!!それでいて大容量!!
冷蔵庫の中は臭くならないし、野菜の鮮度が長持ち!!

でも、あなたの聞きたいことってそこじゃないですよね。

極端にいってしまえば、そこはどーでもいいから!!ってなりますよね。

面接も一緒なんじゃないかと。

面接官が知りたい機能について丁寧に説明し、他のいいところっていうのはあくまで補足なんですよ。プラスアルファなんですよ。

採用はデカい買い物

あなたははじめに履歴書や職務経歴書と言うチラシやカタログを事前に送っています。

企業はそれを見て「あー欲しいかも」って思ってその商品をもっと詳しく聞きたいと面接しようと言ってきます。
ということはほっといても面接官が質問してきます。

あなたがまずやるべきことは、面接官があなたという商品に対して知りたいことや疑問に思っている部分を解決してあげることです。
そのもやもやが残っている限り面接官は商品(あなた)を買いません。

ですよね?

あなたも商品に対して不安なまま家電とかデカい買い物しますか?
しませんね?

会社も同じです。

なので、もしいきなり自己紹介で押し売りを始めているようなら、今すぐそんなことを辞めて、商品の概要(経歴・経験の事実)を説明し、面接官の知りたいことを質問してもらいましょう。

あなたの勝負はそれからです。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド