面接で自己PRが得意になる!面接官に響く自己PRのまとめ方

      2017/02/27

よっしゃ自分の何をPRすればいいかがわからない。
何をどう伝えていいかわからない。

そんな面接で自己PRに自信がない人のための自己PRのまとめ方を解説していきます。

自己PRを作文にしてしまっている人、自己紹介との違いが判らない人は特に参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

そもそも面接での自己PRとは

今まで転職経験のある方の中で、面接の時に「自己PRしてください」などと直接的に質問されたことのある人は少ないのでしょうか?

せっかく用意した自己PR文が水の泡。
断片的に質問されては上手く回答できず・・・。

それは、そもそもの自己PRの準備の仕方に間違いがあるのです。

面接での自己PRとは、

「あなたが何を武器としており、それをどう使うつもりでいるのか」

を述べることです。

決して面接の場で作文を読み上げることではない、と言うことを覚えておいてください。

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介の時に、そのまま自分の強みなども含め自己PRまで話してしまう人がいますが、これは印象が良いとは言えません。
印象が悪いわけではないですが、印象が「薄く」なってしまうのです。

面接の流れはおおまかに

自己紹介

会社側があなたに質問

会社説明

あなたからの質問

になると思います。
さて、この中でどこであなたは自分をアピールしますか?

そうです「会社側があなたに質問」のところです。

あれ?でも自己紹介で強みとか全部言ってしまったなぁ・・・
「さっきも言った」から、同じの2回も繰り返すのもなぁ・・・

ってなりますね。
本来強く印象に残してほしい場面で、強くアピールできなくなってしまうのです。

そうならないためにも、自己紹介では

「事実を述べる」

ようにしてください。
何を経験し、何を残した、どんな結果を残した、と言う話だけです。

大概はそのあと細かな経歴を聞かれます。
本番はそこからです。

自己PRの考え方

まず面接以前に履歴書や職務経歴書に自己PRをまとめていると思います。
自分にはどのような強みがあり、どのようにして会社に貢献していける、将来的にはこういうことがしたい。
ざっくりこんな構成が多いかと思います。

それをかみ砕くのです。

いつ経験したことがあなたの強みとなっているのか、どの経験が今後会社に貢献できるものなのか、何がきっかけであなたの将来を強く描くようになったのかなどなど。
これらを経歴に紐づけて用意しておくのです。

「Aの案件の際に自分の強みに気付き、Dの案件の時にはそれを良く意識した結果、このような結果が残せました。この経験は、御社の事業の中で役に立つ場面があるのではないかと感じております。」

と言ったように、Aの案件に対して質問されても、経歴に紐づけて自己PRを整理しておけば、話をリンクさせながら自分の言いたいことを展開していくことも可能になります。

もちろん、先にDの案件について質問されたなら

「Dの案件での経験は、きっと御社の事業に近いと感じ、今後貢献していけると考えております。しかし、Dの案件でこのような結果を残せた理由にはAと言う案件を担当させていただいた時に○○に気付き、それを自分の強みだと自覚することが出来たことがきっかけです。」

のように機転が利くようになります。

面接の自己PRをまとめるコツ

最後にこれらを踏まえて全体的なコツをお伝えします。

きっちりかっちりまとめないこと。

です。

大体でいいのです。
こんな内容なことが言えればいい、こんな思いが出せればいい。

なぜなら面接は生ものだからです
きっちりかっちりまとめすぎると、想定した質問の仕方にしか回答できなくなってしまいます。
ほとんどの場合撃沈するでしょう。

どんな形でもいいから、こんなことが伝えられればいい、と思っていれば、話しながら「今なら言いたいことにつなげられる」と言った場面に気付ける時があるでしょう。
これは「この質問来い!この質問来い!」と身構えていては出会えません。

箇条書きで買いだしておく程度で良いのです。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策