自己紹介って何話すの?面接の自己紹介で話すべき3つのポイント

      2016/04/03

4d2893f9e732226f96ff0ccb162面接でいきなり「では、自己紹介をお願いします」って言われて頭が真っ白になった経験のある人も多いのではないでしょうか。

逆に、自己紹介にいろいろ詰め込みすぎて長々と話してしまったり。

しかし、きちんと3つのポイントを押さえることで、自己紹介をスムーズに終わらせ、さらにその後の流れをスムーズに運ぶことが出来るようになるでしょう。

SPONSORED LINK

1.自己紹介と自己PRは違う

自己紹介で自己PRをし始めると話が長くなります。聞いてる方もダレます。
というか、自己PRは違う機会に聞かれるので、ここで話すと何も話すことが無くなり、自分の首を絞めてしまいます。

では自己紹介と自己PRは何が違うかというと。

・自己紹介は面接官が何を聞きたいか探す場所
・自己PRは面接官が聞きたいことに応える場所

です。

よって、聞いてもいないのにだらだら話を長くされても、面接官の印象が悪くなってしまいます。

2.自己紹介は簡潔に

上記の理由から面接での自己紹介は簡潔にまとめる必要があります。
転職・中途採用であれば、名前と今までの経験をざっくり話すことになるでしょう。

・名前
・職歴
・その仕事の概要

基本はこの3点であり、どんな部署でどんな仕事、役割を担っていたか、などを話せば十分です。

ぶっちゃけ面接官もそれ以上望んでいませんし、そこから何を聞きたいかが決まっていきます。

3.自己紹介は話のタネ

前述のとおり、自己紹介を聞いて面接官はあなたへの質問を決めていきます。

ということは、自己紹介を使って面接官に質問させたいことを意図的に作ることもできます。

例えば仕事での実績のみを自己紹介で話してみるとか。
「前職では売り上げ10%アップさせました」と言えば、「どんな方法でやったの?」とか聞きたくなりますよね。

自己紹介の最後に、何か一言付け加えるのもありです。
「最後に、私が仕事をこなす上で特に気にかけていることは正確性です。正確性を欠けば、時間、信頼など失うものが多いと感じているからです。」
とかいうだけで、面接官は「じゃあその正確性を発揮するために、どんな工夫をしていますか?」など質問してくるわけです。

自己紹介は結局自己紹介

最低でも1と2を押さえておけば、面接として十分成り立ちます。
どのみち質問は面接官が勝手に見つけてくるんですから。

そんな中でも、特にPRしがいのある内容、ぜひ面接官に聞いてほしい内容があるなら、3のように会話のきっかけを自己紹介に盛り込んでおくとよいでしょう。

最後に言っておきますが、「自己紹介をおねがいします」って言われて頭真っ白になってる人を見ただけで、印象悪くなったりはしないんで安心してください。

っていうか、緊張してるだけなのに、それを悪印象と受け取るような人とは、どうせ一緒に働きたいなんて思えないでしょ。

だから、真っ白になったとしても、少し間が開いたり、言葉を選ぶのに時間がかかったとしても、ちゃんと最低限を伝えられれば大丈夫です。

 

とはいえ、たくさんの方々も1つや2つの会社で内定をもらえるなんてことはなかなかありません。
最低限登録したい、おすすめ出来る転職エージェント比較 」から、まずはたくさんの「受かりたい企業」を見つけることが必要になります。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策