どうしよう!面接に行く必要がなくなった人のための上手な断り方

      2015/04/11

謝罪転職活動をしていると、もちろん数社が同時進行することも良くあります。

あなたは今、めでたく第1候補の会社に内定を頂いたとしましょう。しかし、他の会社の面接の予定がもう決まってしまっている・・・

その会社の面接はお断りを入れたいけど、さて、なんと言えば?電話?メール?どうしよう!

折角次の仕事も決まり、もうすぐ大変だった転職活動も終わりを迎えるあなたの役に立つ、上手な面接の断り方を例文付きで解説いたします。

最後の詰めもしっかりこなして、さっさと開放感に浸りましょう!

SPONSORED LINK

1.面接の断りは電話で?それともメールで?

基本的には電話を優先しましょう。

やはり、メールでは誠意が伝わりづらいのです。

あなたも、友人のメールのやり取りで「あれ、なんか怒ってるかも?」と思って聞いてみたら、全然怒ってなかったり、という経験はありませんか?

テキストのみのやり取りというのは、どうしても人の感情が伝わりづらく、誠意を受け取ってもらえなくなってしまいます。

逆に言えば、電話であれば多少言葉が足りなくなってしまっても、本当に申し訳ない、という気持ちがしゃべった感じから伝わることも多々あるのです。

2.面接を断る理由は述べるべき?

折角自分のために時間を割いてくれようとしていたわけですから、理由もしっかり述べておくほうが、相手企業も納得できるかと思います。

しかし、企業への配慮も必要です。

「違う会社から内定が出たのでそちらに行くことにしました。」

だけでは、ぶっきらぼうすぎではないかと思います。

せめて「十分に考えた結果」や「家族の意見なども聞いたうえで」など、悩んだ末に出した答えであることを伝えておきたいところです。

正直なところ、大概の場合は「あーこなかったんだー」程度にしか企業は思ってないことも多いのが事実ではあります。

特に新卒ではなく転職の場合はその傾向が強いです。ただ、あなたと会ってみたいと会社が思ってくれたことに変わりはありません。

最低限の義理は果たしたほうが、お互い気を悪くする可能性を消すことが出来るでしょう。

3.電話での面接の断り方

電話で面接を断る場合の例文です。

============================================
電話を掛ける

相手企業が名乗る

お世話になっております、○月○日の○時に面接の予約を頂いていた佐々木と申します。

大変申し訳ありませんが、この度他社で内定を頂きまして、家族とも相談のうえ、そちらの会社に行くこととなりました。
折角面接のお時間を頂いて大変恐縮なのですが、今回の面接は辞退させていただければと思い、お電話させていただいた次第です。

大抵相手方が何か一言、言ってくると思います。

大変勝手を申し上げまして、申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

それでは、失礼いたします。
============================================

大抵この流れで事足ります。 最初に担当の方を呼び出して直接伝えても良いですし、居ないようであれば伝言をお願いしても良いでしょう。

4.メールでの面接の断り方

メールで面接を断る場合です。

============================================
○○株式会社 ○○ 様

お世話になっております、佐々木です。

先日ご日程を調整頂いた面接の件でご連絡させていただきました。 大変心苦しいのですが、辞退させて頂きたくお願い申し上げます。 お忙しい中、予定を調整して下さったにもかかわらずこのような形となってしまい、申し訳ございません。

他社で内定を頂き、家族とも協議のうえ、そちらに入社させていただくことになりました。

勝手を申し上げまして大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。

この度は本当にありがとうございました。

---------------------------------------
佐々木 太郎
mail:abcd@efg.com
tel:123-456-7890
---------------------------------------
============================================

メールのほうが誠意が伝わりづらいので、より謝罪の言葉を多めに入れてあります。

謝罪だけでなく、最後に感謝の意を述べることで、明るく終われるのではないかと思います。

まとめ:面接の断り方で大切なのは「誠意」を伝えること

口頭ならニュアンスで伝えることもできますが、メールではいかに無機質の中に誠意をこめられるかが重要です。

折角時間を作ったのに!と思われないように、というのも無理な話ですが、少しでも「なら仕方ないね」と思ってもらえるよう努力すべきだと思います。

出来るだけ相手にも、気持ちよく(は無理だとしても)、前向きに次に目を向けてもらえるよう、配慮することが最低限の義理だと私は思います。

「この人に会ってみたかったな」と思ってもらえるようなら、お互い気持ちよく終わりにできると思いませんか?


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策