飲み会に行きたくない人のコミュニケーション術

      2017/05/22

49b923803051cc78da39afc27641ff69_s会社の飲み会はどうしても存在します。

でも、飲み会に行くのがめんどくさい、プライベートの時間までわざわざ会社の人といたくない。
そもそも会社終わって飲みに来て、結局会社の話するんでしょう?

そんな感覚を持っていて、会社の飲み会なんて時間の無駄と感じる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、会社での人間関係を考えると・・・

そこで今回は、飲み会には積極的に参加せず、それでいて会社でのコミュニケーションを円滑にする方法を解説していきます。

SPONSORED LINK

会社の飲み会は最低限

行きたくないのであれば最低限で構いません。

社員が何人か集まっていくような飲み会は行かない、それで構いません。

しかし、誘われたら断りづらいですよね。

では、そもそも誘われないようにしなければなりません。
それも「誘いたくない」という理由以外で。

飲み会に誘われない方法

会社の人間にあなたが「飲まない人」であることをわかってもらいます。
仮にお酒が好きであっても、会社では「飲まない人」というキャラクターを通します。

飲みに行きたい人と言うのはお酒を飲むことが前提なので、「夕飯を食べに行こう」とはまずなりません。

結果として、飲めない人を誘うことはあまりしなくなります。

では、どこで知ってもらうのか。

それは飲み会の席です。

最初に歓迎会など大き目な飲み会を設けてくれる場合が結構あります。
こうした場を使い、最初から、もしくは2杯目からソフトドリンクを頼み、あまり飲まないことをアピールするのです。

それでも飲み会に誘われるときは

家でのルーチンワークがあると言うことにしておきます。

毎日仕事が終わってから曲を作っている、毎日の家事分担で夕飯を作るのが自分の役割である、など何でも構いません。
毎日のルーチンワークがあることを談笑の場などで言いふらしておきます。

この人には、仕事の後にいつもやりたいことがあるんだな、と思わせるだけである程度のプレッシャーになります。

せめて前もって、飲み会を予定したい、という場合はともかくとして、突然の飲み会にはまず誘われなくなります。

仕事上のコミュニケーションを円滑にするために

そんな「付き合いの悪い」状態でも、仕事で円滑なコミュニケーションをとるためには、常日頃からあなたという人間を知ってもらう必要があります。

飲み会が嫌い=会社の人と仕事以外のコミュニケーションをしたくない

では、流石に自分のテリトリーを守るのが難しくなります。
ある程度心を許さなければ、相手もあなたに心を許すことが出来なくなります。

そこに信頼は生まれず、仕事も頼みづらい、扱いづらい、最終的には使えない人間となってしまうためです。

そうならないためには、「仕事以外のコミュニケーション」を取る必要はあります。

そしてあなたにとってもその時間は大切な時間となります。
なぜなら、その時間を使って、あなたがいつも何をしているか、どんな人なのかを伝えていかなければならないためです。

「いつも家帰るとこんな勉強をしています」など、仕事上ではまず話すことの無いような話を伝えていくことに利用するのです。

心の距離は飲み会でなくても近づけることは可能です。

逆に言えば、心の距離を近づけることを断ってしまうと、飲み会に行こうが行くまいが、会社での人間関係を円滑に進めることは難しくなってしまうことを心にとめておいてください。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術