転職時の最終面接で「絶対落ちない」なんてない!

      2017/04/24

7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s最終面接まで通過してきて「ここまで来たら安心」と思っていますか?
逆に、ここまで来たのだから「絶対に落ちない方法はないか・・・」と不安になっていますか?

正直「どっちも間違い」です。

今回私は

「だから気を引き締めて!」

なんて言うつもりはありません。

事実、1時面接のころに比べれば採用の確率が高いのは間違いないでしょう。
そして、「絶対に落ちない方法」となったら、裏カネか相当に強いコネでもない限りそんなもの自体ありません。

では、最終面接まで来た今の状況とは何か?そして何を今すべきなのか?を解説します。

SPONSORED LINK

最終面接という今の状況

最終面接まで来たあなたが今置かれている状況とは。

書類面接を通過し、会社側に会って話をしてみたいと思わせることに成功しました。
そして、面接では好印象を与え、経営陣や役員に「この人はどうだろう」と打診している段階です。

この時、会社の規模によって状況は少し変わります。

・人気の企業の場合

人気の企業や大企業など応募総数が多そうな会社の場合、最終面接もある程度の人数はいると思って下さい。
そこからあなたが生き残る確率は大体20%前後と言ったところではないでしょうか。

言うほど「安心感」はありませんよね?

・中小企業の場合

あまり名前を知られていなさそう、会社規模が小さい、そんな会社の場合は結構な確率で採用されるでしょう。
と言っても30~50%が良いところだと思います。

結構な確率になりますが、行けば受かる、とは程遠い数字ですよね。

最終面接でやるべきこと

最終面接は社長や役員など、上役が務めることが多いですね。

と言うことは、今まで1時面接などでは「現場で使えるか」「一緒に仕事をしたいか」を見られてきましたが、今回は

「会社の成長の役に立つか」

を見られます。

具体的には「この会社でどんなことがしたい?」「この会社をどういう風にしたい?」と言った内容です。
これを聞いて、今後あなたが会社を任せていける人間かどうかを判断するのです。

ちなみに、会社をかませられるかどうかの判断基準に正解はありません。
企業サイトの社長あいさつなどを読んで予想することは出来ますが、正確には本人に聞いてみなければわかりません。

なので、サイトを参考にしつつも、変に相手に合わせず、あなたが望むキャリアビジョンを考えておいてください。

最終面接での評価ポイント

前述のキャリアビジョンが全てではありません。
と言うより、むしろ判断基準の一つにすぎません。

もちろん、うまく説明が出来ない人なども存在するわけですし、その人が必ず不利なわけでもありません。

話の中でのノリだったり、話し方、ジェスチャー、何でもできそうに見える自信など、並べた言葉以外の部分も見られます。

結局のところ「言葉に限らず、あなたに仕事を任せられると思わせる何か」を伝えられれば良いのです。

そしてその「何か」と会社が共感できた時、採用となるわけです。
場合によっては「スキルは一番無さそうだったが、君の価値観が一番ウチに合っていた」なんてこともあるくらいです。

キャリアビジョンとともに、あなたがどういう人間か、基本的な思考回路がどうなっているか、と言う面を精査すると良いでしょう。

それ以外の要素

変わり種として、面接官の役員と趣味の話で盛り上がって採用になる人もいます。
話していた中で生まれた「その人に対する信頼感」なども評価基準になりえるのです。

面接中に、面接官の心の懐に入れる要素を見つけられたら、つついてみてもいいかもしれません。

最終的にはスキルよりなにより「信頼できる人間」以上に使える人間はいないのですから。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド