面接に「私服で来てください」その真意は?

      2016/12/21

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s面接に「私服で来てください」って言われて、逆に困ってはいませんか?
え?面接ってスーツじゃないの?私服で来てって・・・試されてる??

いっそのことスーツで来いって言われた方が気が楽だった・・・

そんなあなたのために、本当は企業側はどんな思いで「私服」と言っているのか、実際どんな格好がふさわしいのか、をここでは解説していきます。

SPONSORED LINK

面接で私服の安定対応

面接に私服でお越しいただいて構いません、というのは少なくとも本当に遊びに行く格好でいいわけではありません。

安全を考えるならば

「ビジネスカジュアル」

です。

男性であれば襟付きのシャツやジャケット、チノパンなどが該当するでしょう。

女性の場合はビジネスカジュアルの範囲はかなり広くなり、曖昧となり、慣れていなければよりややこしく感じるかもしれません。
慣れてしまうと女性の方がその分範囲が大きく、自由がききやすいのも確かなのですが・・・。

難しく考えず、女性の場合もトップスはジャケットが合うようなコーディネートにすればほぼ問題ないでしょう。

スカートの場合は短くてもひざ丈程度。
ペンシルスカート、タイトスカートが定番だと思いますが、最近ではプリーツのスーツもありますので、派手すぎなければOKではないでしょうか。

パンツの場合はストレートなど、細目を意識すると良いと思います。
また、季節に合わせて7分丈なども許容されると思います。

靴はパンプスが定番です。
派手すぎない色で2色くらいなら大丈夫でしょう。

面接で私服で良いの真意

真意としては、実際にその会社で働く格好で来てください、という意味です。
要するに、その業界に合った格好であれば、ほとんどの場合大丈夫です。

私自身はIT系に転職した際は、チノパン、Tシャツ、そのうえに襟付きのシャツを羽織る程度でした。

募集要項などに掲載されている社員の格好や、会社によっては社員紹介を載せている所もあるので、参考にするといいと思います。

スーツじゃなくて私服な理由

別に、スーツ出来ちゃダメ、って言ってるわけではありません。
わざわざスーツまで着る理由が無いから、私服でいい、と言っているにすぎません。

転職や経験者採用の場合、新卒の時などと違って「スーツ≒やる気」みたいな図式が特に意味をなさないのです。
清潔感があるとか、もう仕事をしてきた人を相手にはそれよりも求めたい部分があるのです。

もちろん、ぱっと見で汚らしく見えるとかはダメなんですけど、最低限「フツーの人」であれば合格なんですよ。

だから、スーツで面接を行う需要が、経験者採用の場合薄くなっているのです。

これでなんとなく、もやもやが解決して頂けたら幸いです。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策 , ,