仕事辞めたい新卒のための5つの確認事項

      2017/05/01

メール新卒で就職できたはいいが、半年前後ですでに会社を辞めたい、仕事がつらいと感じている。

そんな時、今後どうしていくべきかを考えるために5つの確認事項を用意しました。

1年も持たずに会社を辞めたら根性がないのか?
3年も会社に居られなかったら自覚が足りないのか?

そんなことは一概には言えません。
今の自分の状況をきちんと判断し、それ相応の対応を取るのが当然なのです。

SPONSORED LINK

何故仕事を辞めたいと思うのかを考える

あなたは今、何故仕事を辞めたいと考えているのですか?
新卒かどうかは関係ありません、その理由だけにフォーカスして、考えてみてください。

1.努力が報われない

報われる、とはどのようなことを想像していますか?

毎日「頑張ったね、頑張ってるね」と言われることですか?
それとも「給料が増える」ことですか?

もし前者なら今後も危険です。

まず会社と言う組織において、おいそれと褒められる場面は存在しません。

ただし、喜ばれる場面は存在します。
お金が稼げた時です。

営業なら単純にノルマを達成した時、開発なら製品がリリースできた時などです。

また、営業などは個人に対して感謝されることもあるかもしれませんが、開発チームなどはチーム全体として「よくやった」と言われる場面も多く、自覚できることが少ないかもしれません。

そこで大切なのは上司の存在です。
これは次にお話ししますね。

まずここでは評価につながるのはほとんどの場合において努力ではなく結果であることを意識してください。
残念ながら社会人として、というと聞こえが悪いかもしれませんが、世の中金なのです。

2.人間関係がつらい上司編

良い上司と悪い上司は必ず存在します。

前述の開発チームを例に出すなら、リリースできたことを「みんなのおかげだ」と言える上司は良い上司です。
悪い上司は「俺の教育がいいから、俺の指示がいいから」と手柄を自分のものにしたがります。

これが悪化するとパワハラやモラハラの上司になってきます。

あなたの上司はどうですか?

部下のミスの責任は取ろうとしない、それどころかミスを部下の所為にする。
そのくせ手柄は自分がたてたように振舞う。

中には言われた通りに動いても、自分で考えて動いても結局怒鳴り散らすような上司も。

このような上司では、誰もついていきたがりませんし、より良い職場を求めるのも当然と言えるでしょう。
精神的に追い詰められる前に転職を考えることも必要だと考えます。

3.人間関係がつらい同僚編

まず、その場になじめない、誰とも気軽に話せる人がいない。
このような感覚に陥っている人は、会社の誰とでも仲良くしなければ・・・とは思っていませんか?

人間ですから会う人合わない人は絶対存在します。

その中で1人でいいから、気軽に話せる仲間を作ることを考えましょう。

そのために必要なこと、それはあなた自身がどんな人間であるか、と言う情報を発信することです。

ちょっとした会話の中でも、あなたが何が好きか、何に興味があるかを出来るだけ多く情報を出していくのです。

ちょっと変わった趣味や、理解されづらいような事も、何でもです。

寧ろ、変わってるくらいの方が、合わない人間をふるいにかけやすいので便利です。

そうしてあなたを受け入れ、話してくれる人が、あなたが気兼ねなく話すことのできる仲間の候補となっていくのです。

大事なのは「私を嫌うような奴は私も嫌いだ」という考え方。
結局行きつくところは「合わない」なのですから、それが早いか遅いかの違いでしかありません。

腫物を触るように接していくくらいなら、早い段階で「触るなキケン」と扱った方が楽です。

4.目的がない、見えない

なぜ今働いてるんだっけ?
なんでこの会社入ったんだっけ??

目的がなくなると、会社にいっている意味を見失います。

正直会社なんて行かなくていいなら行きたくない、働きたくない。
そんなん大概誰だってそうなのです。

会社なんて行きたくない、目的もない・・・

こうなれば会社に行くことなど、辛いことでしかなくなります。

まずは3年後や5年後、自分がどうなっていたいか目標を立ててみてください。

キャリアップしてる自分でも良いし、大金を稼ぐ自分でも良い。
そして、そのために今何が必要かを考えるのです。

今の仕事は、その目的の役に立っていますか、いつか目的のための糧になりますか?

目的の糧になっているのであれば、その目的に向かって頑張るだけです。
もし、目的の糧になっていないのであれば、どんな仕事が糧になるか、役に立つスキルを得られるかを考え、転職を考えてもいいでしょう。

5.力不足を感じる

最初は誰でもそうです。
そして、あなたが思っているほど会社はあなたに高望みはしていません。

どうせできることは少ないのです。
だから

「やれることはちゃんとやる」

という意識を持ってください。

出来ないことは出来ない、出来ることは出来る、人間として至極当然です。
しかし、当たり前のことを当たり前にできる人間は意外に多くありません。

出来ることが出来るだけで重宝されるはずです。

もしあなたがまだ試用期間なのであれば、まずはこれだけ意識してみてください。
試用期間さえ乗り切って正社員となれれば、「あぁ、これでよかったのか」という自信になり、その上そう簡単にクビを切られない状況も手に入れられますから。

状況に置かれた判断を

上記の観点から自分の置かれた状況をチェックできたでしょうか。

現職でもっと頑張るべき人、もう違う仕事を探した方が良いかも、と言う人がいらっしゃると思います。

それでいいのです。
根性がないとか社会人の自覚がないとか、そんなのは言わせておけばいいのです。

あなたの人生はあなたが決めること。
やらない後悔よりやる後悔。

他人に何を言われようと、一番重要なのは自分が納得できる人生を送ることです。
納得できる人生ならば、それが正解か不正解かなど、些細なことなのです。

今の苦境に明るい光が差し込むことを願っています。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術