失敗しない転職方法は存在するのか?

      2016/12/29

質問転職でもっと劣悪な環境に行ってしまったら・・・
思い描いていたようなステップアップが出来なかったら・・・

予測できない失敗の不安に襲われて転職したいのにできていないあなた。

転職で失敗しないためにあーしろこーしろ、とネットにもたくさん情報はありますが、果たしてそんなにうまくいくものなのでしょうか?

ここでは転職をするにあたってあなたの不安を取り除けるようなお話をしていけたらと思います。

SPONSORED LINK

絶対に失敗しない、は不安を後押しする

絶対に失敗しない方法、絶対に成功する転職方法・・・

絶対と言われることで、より成功への道が近くなるようですが、逆に「そこまでやって失敗したら・・・」という不安も大きくなってしまいます。

「絶対に大丈夫・・・絶対に大丈夫・・・・」

と今にも崩れそうな砂山を必死になって手で押さえて均衡を保っているようなこの状態。

もしその支えがなくなった瞬間、跡形もなく崩壊してしまうでしょう。

絶対に成功するはずだった転職で失敗してしまう、なんてことを想像すると、どれだけの絶望感が襲ってくるか想像するのは簡単なことでしょう。

本当の成功を手にする転職方法

あなたの目標は、「次」により良い環境を手にすることですか?

それとも、「最終的」により良い環境を手にすることですか?

もちろん、どちらもだと思いますが、ほんの少しでもいい、どちら重要ですか?

おそらくは後者、「最終的」により良い環境を手にすることだと思います。
そしてそう思えることで「次」に失敗すること自体の問題は相対的に薄くなります。

何が言いたいかというと

「次」失敗することを受け入れる

のです。

失敗してもいいと思えば、先ほど例に出した砂山など、最初から崩れさせてしまっているので、必死に手で押さえる必要もありません。

精神的な開放はあなたのフットワークを軽くし、転職活動の効率が上がっていくことでしょう。

失敗は転職の「過程」でしかない

仮に転職に失敗しました。

別に構いません、次のチャンスを作り出す、転職活動を再開するだけです。

最終的に望んだ環境を手にするまでが、大きな転職活動だと考えてみてください。

私は、転職活動の際、良く入社もしていないのに「やっていけそうですか?」みたいに聞いてくる人が良くわかりません。
特に面接の最後とか。

毎回私の言葉はこうです。

「いやー入ってみないとわかんないっすねー」

私は面接だからと言って下手に出るタイプではないので、正直に思ったことを言っているだけなのですが。

正直、どんな話をする人も、極論はこれだと思います。
失敗かどうかなんてやってみなきゃわかんないんです。

入ってみなければ失敗かどうかなんて判断できないのだから、入る前から悩んでても仕方ないのですよ。

失敗だったら失敗だったで、そん時考えよう、くらいの余裕をもって転職活動を頑張ってみてください。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド ,