魅せる将来像の書き方 5つのポイント

      2016/11/30

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s転職活動をしていると、よく将来像やキャリアビジョンなど書かされたり聞かれたりして困ったことはありませんか?

今だけを見ていて5年10年先どんな仕事をしているかなど想像したことがない、正直、それが普通だと思います。

そんな人が今から自分の将来像をまとめようとしたときに役立つ5つのポイントをこれから解説していきます。

SPONSORED LINK

そもそも将来像とは・・・

将来像と言えば、そのまま将来自分がどうなっていたいか、を指すわけですが。

じゃあ将来像とはどこまで考えればよいでしょうか?
5年後?10年後?定年まで?

私は「老後まで」と思っています。

そんなの転職関係ないじゃん、って思うかもしれませんが、キャリアだけでなく、自分の人生設計を考えることでキャリアプランが逆算されていき、相手へ伝えるべき将来像にもリアリティが出てくると考えています。

将来像とは極論的には「どうやって、どんな気持ちで死にたいか」だと思うわけです。

それを逆算し、あなたの「将来像」を導き出してみましょう。

将来像の書き方

1.人生を設計する

起業して会社を経営したい、定年したら何がやりたい、早期退職したい、など、こんな人間になりたい、こんな生活がしたい、と言ったような「ここまで言ったら自分の人生けっこうやってやったな」と思えるゴールを描きましょう。

そこから逆算し、いつまでにどんなスキルを得る、いつまでに人を使う側の立場になる、いつまでにビジネスを立ち上げる、いつまでに会社を辞める、そんな節目を自分の目標として決めていきます。

2.理想的な設計をする

人生を設計する際、「どうせこんなもんでしょ」ではなく「こうなりたい!」という理想を描きましょう。

大概目標の8割くらいクリアで来たら御の字な現実ですから、最初から目標を低く設定してもどんどん結果も低くなっていくだけです。

強い気持ちではないにせよ「こうだったらいいなぁ」くらいをセットするべきです。

3.会社での自分を切り取る

最後まで会社で活躍したいと考えている人はスルーしても構いません。

起業したいと考える人や、次の転職まで視野に入っている方は、その会社でどうなりたいか、の部分だけをさっきの人生設計から切り出します。

理想の人生をたどるための一部をどう過ごし、その会社でのゴールはどこなのかを明確に意識しましょう。

4.今の自分とゴールの自分を比較する

もちろんゴールに設定した自分は、現時点の自分よりもスキルや経験を積んでいるはずです。

では、そうなるために自分に何が足りないか、何を伸ばしたいか、どんなスキルや知識、経験が欲しいのか。
これらを整理し洗い出します。

5.将来像を書く

ここまで来たら、あとは組み立て作業です。

今あなたがその会社で何をするべきだと考えていて、その会社において最終的に何が出来るように、どんな人間になっているのが理想的か、を書くだけです。

将来像はなぜ聞かれるのか?

単純に、目標を持っている人とそうでない人では、能力の差が開くためです。

目標を持っている人は、多くの知識、経験、思考などを自分の中にため込もうとしますが、目標がない人となると、目標がないのだからため込む必要性すらないと感じているはずです。
それがこうした結果を生むのです。

結果的に、あなたの意欲を計った質問内容と言えるでしょう。
ただ、この場合目標は与えられるものではなく、あなたが用意するものです。

最終的に遊んで暮らしたいとかいう目標だったとしても、そのためにその会社で何をするべきか、遊んで暮らすためにどんな準備が必要か、が洗い出せれば、きちんとした将来像を提出はできると思います。

自由にまずは「なりたい自分」を考えてみてくださいね。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド ,