体調不良で退職する5ステップ

      2016/12/13

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s体調不良でとても会社に行ける状態ではない。というより、会社にいつか戻らなくてはならないと考えるだけで苦しい。
そうなってくると、退職がしたいと考えるのも全く自然な流れです。

特に精神疾患で悩む方はとても増えてきています。

ここでは、そんな体調不良の中、どのように退職したらよいかを5ステップで解説していきます。

SPONSORED LINK

1.自分を否定しない

今の状況に置かれている自分を否定しないでください。
ストレス耐性が低いと言われようと何しようと、それの何が悪いのか。

子供のころに「十人十色」という言葉を習いませんでしたか?
10人人がいればそれはすべて違う人間だと教わりませんでしたか?

友人がおもちゃや人形を持っているのを見て親におねだりしては「他所は他所、うちはうち」と言われませんでしたか?

人間1人1人みんな違うと教育されてきたのに、社会に出たとたん「他人と同じにしろ」は虫が良すぎだとは思いませんか?

あなたはそのままでいい、そのままでできることをやって行けばいいのです。

そのために退職が必要だというなら、まずは退職する自分を肯定するところから始めましょう。

2.覚悟を決める

とはいえ、体調不良による退職は、すでに退職の意思を伝えるのすら、辛く、億劫で、心が潰れそうになるでしょう。
しかし、その壁を乗り越えた先には今までにない開放感が待っています。

その後の未来にまた不安になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、今のままでは未来につなぐことすらできません、未来を考えることすら精神的にも許されていないのです。

だから、まずは退職してしがらみをはずし、あなたの体調を最優先に考えるための1歩を踏み出す気力だけでも振り絞る覚悟を持ってください。

3.実際に退職するには

法的には退職の意思を出してから2週間で、会社から離籍することが出来ます。
逆に言えば退職の意志さえ出してしまえば、2週間で会社の人間ではなくなるように法律が出来ています。

最悪、どうしようもなければ、会社に「退職届」を提出、郵送するだけでも会社を辞めることが可能です。

本来会社に出向いたり、電話したり、と言った方法の方が良いのかもしれませんが、全てはあなたの体調が優先です。
出来る範囲で退職する意思を伝えましょう。

なお、注意すべきは「退職願」ではなく「退職届」であること。

退職願は、「やめたいんですけど?」というおうかがいにすぎませんが、「退職届」は「辞めます」という意思表示にあたります。
退職の決定権はあなたが持つべきですので「退職届」を出しましょう。

4.罪悪感は持つ必要がない

自分が頑張れなかったから、他の人に迷惑をかけている・・・会社に顔向けができない・・・
そんな気持ちは要りません。

これは私が昔言われた言葉です。

「やめていく会社の事など考えなくていい」

この先輩は「会社を辞めるとなったら、目を向けるべきは自分の未来」であることを教えてくれました。

だから、あなたも罪悪感を持つ必要はないのです。

5.体調不良を治療する

体調不良の治療する、と言いたいところですが、まずはぼーっとしましょう。

そして考え方を変える努力をします。

おそらくこの時の精神状態と言えば「自分には何もできない」という思いがとても強いでしょう。

そこで、どんな小さなことでも良いので「自分には何が出来るか」を考えてみるのです。
他人がそれについてどう思うかは関係ありません。

「あなたが出来る」

ことが重要なのです。
これらを徐々に増やしていくことによって、「あらかた生きていくだけならなんでもできるなぁ」と思うまでになれたなら上出来です。

別に、寝て起きて、ご飯を食べるくらいなら、自給自足できればいいわけですし、無理して他人の会社でお金を稼ぐ必要も、本当はないのです。

社会に出れなければいけない、お金を稼がなければならない、会社に勤めなければならない・・・

そういった固定観念も取り払って、あなたが思うあなたが出来ることを少しずつ見つけていってください。

私は体調不良を諦めた

如何だったでしょうか。
少しはお役に立てそうでしょうか?

私も会社の人に勧められ3か月休職し、1か月復帰するも、結局その月で退職した経験があり、気持ちは痛いほどわかりません。
その後1年間、何をしたらいいかもわからず、2か月くらい他の仕事を始めるも同じように体調を崩し退職したりしました。

しかし、今では普通(?)かはわかりませんが、働けています。

働くことが出来るようになった理由は、再発も何もかも「なったらなったでしょうがない」し、最悪遅かれ早かれたどり着くのは「死」なのだから、どうせなら何かしておこうか、くらいの気持ちになったためです。

そう、死ぬ気になったら何でもできる。
どうせ死ぬならなんでもやっとけ。

そんな感じになりました。

どんな答えでもいい、あなたなりの答えが見つかるといいですね。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド ,