転勤は拒否できるのか?

      2017/08/14

デスク突然の異動で思いもよらぬ土地へ転勤に・・・

これって、拒否できるの?
もし拒否したら、どうなるの??

ここではそんな疑問に答えます。

転勤を拒否したらクビになったりしないだろうか・・・
私の会社は転勤を拒否しても大丈夫だろうか・・・

そんな不安に駆られているなら、きっと答えが見つかるかと思います。

SPONSORED LINK

転勤・移動を拒否できる状況とは

まず、転勤を会社が雇用者に命令することは、法的に問題がありません。

では、どのような場合に転勤を拒否できるのでしょうか。

それは就業規則に「転勤は無し」と記載があるか、

もしくは

雇用契約書に「転勤無し」と記載されているか

のどちらかの場合です。

逆に転勤がある会社において、「転職がある」ことを記載する義務はないので、「転職の可能性があるなんて言われていない」は残念ながら通用しません。

そして、就業規則や雇用契約で「転勤がない」と言われていない限りは、転勤を拒否することは業務命令違反になりえます。

まずは就業規則、雇用契約書を確認

最初にあなたがやるべきことは就業規則、雇用契約書を確認を確認することです。

ここに転勤はないことが明記されていれば、晴れて強気に転勤を拒否することが出来ます。

逆に、「転勤は無し」と記載がなかったときは・・・

転職も視野に

どうしてもその転勤を拒否しなければならない場合、もし会社に残ったなら少なくとも今後会社に優遇されることはなくなるでしょう。
雇用条件も今後悪くなることはあっても良くなることはありません。

転勤を拒否する事情がもしあるのであれば、退職して転職する事を考えることをおすすめします。
退職させられない限り、居続けることは可能ですから、お金が取れるうちに未来のある会社へと職場を変えてしまうのです。

もちろん次は「転勤無し」と書いてある会社を選びましょう。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術