あんなに朝起きられなかった私がどうして起きられるようになったのか

      2015/04/11

睡眠ども、カズです。

何を隠そう私は遅刻魔でした。

若いころは、起きたら午後3時、おいこれ会社になんて言ったらいいんだよ!

とかもありました。笑えないっす。

当時一番うるさいと言われた目覚ましを買ったり、目覚ましの数でゴリ押ししたり、それでも起きれなかった私。

それが今では、無遅刻とは言いませんがかなーり遅刻を減らすことが出来ました。

その考え方と、そこに至るまでの過程を書きますね。

SPONSORED LINK

私がどのように起きれないのか

そもそも目覚ましが聞こえません。

起きたらスヌーズが時間いっぱい鳴りきって、止められた形跡すらないままに放置されていること多々。

前述の、うるさいと名高い目覚ましですら。

結果、嫁に「どうせおきねーんだから」と、うるさいと言いながら使用を禁じられました(汗

後に気付いたのですが、目覚ましが鳴っていることに気付いていることがある、と言うこと。

どういうことかと言うと。

寝ている私は「何か物音がしている」くらいには感覚があるときがあるみたいです。

かといって、うるさいと思うことも、起きなくてはならないと頭に信号が行くこともありません。

何か音がする、とただただその事実を受け止めるだけです。

ただ、目が覚めて覚醒した時に「あ、あれそういえば目覚ましか」って気づく感じ。

起きれないことに悩みすぎた

色々試しました。

目覚ましの質と量をはじめ、会社の人に相談したら「意識の問題じゃない?」と言われたから、寝る時に「明日は○時に起きる明日は○時に起きる・・・」と意識がなくなるまで呪文のように唱えながら寝てみたり、寝る時間を変えてみたり。

結果、どれをやってもうまく改善することはできませんでした。

そうすると今度は、寝ること自体が怖くなるんですね。

そうすると、布団に入っても3時間とか4時間とか余裕で寝れなくなります。

そして外が明るくなってきたころに限界を迎えます(涙

結果、大遅刻。という悪循環。

遅刻が怖くて寝れなくなってさらに大きな遅刻をして、とまぁこのころは一番悩んでました。

結局、その会社は仕事内容も相まって、転職したんですけど。

何故か起きられるようになる

そんな私にも転機が訪れました。

転職を機に、遅刻に関しても心機一転、「自分にやれることを精いっぱいやろう」と思ったわけです。

ぶっちゃけてしまうと・・・

「どうせ起きれないなら、起きてる時に自分ができる最大限の事をしよう」

と、開き直ったんです。

それからとりあえず遅刻がピーク時の半分くらいに減りました。

遅刻はいけないこと、っていう意識が強すぎて、逆にプレッシャーに負けてた感じですかね。

たぶん結婚も遅刻しなくなったのに関係してる気がする

守るものが出来てしまいました。

結婚するって決まったあたりから、仕事に行かなければならない意思が強く働くようになりました。

これが昔会社の人が言っていた「意識」ってやつだったのかなと、今更思ったり。

いや、たぶんその人は「仕事そのものに対して、高い意識を持っていたら起きられる」ってことだったんだろうとは思うけど。

仕事に対する熱意が全員あるとおもうなよ !

まぁ、それはさておき、人それぞれ「仕事をしなくちゃいけない理由」が出来た時にそれは発揮されると思うのですよ。

結論

結局昔誰かに相談しても「意識」だとか「気合」だとか、明確にこうすれば起きれるって話は聞いたことありませんでした。

が、起きれるようになって気づいたことがあります。

「正直今、なんで遅刻してないのか、どうして起きれてるのかよくわからない」

と言うことです。

結局、朝起きれる人は当たり前に朝起きていて、朝起きれない人は当たり前に朝起きれないんですね。

だから、なんで起きれるのかも、なんで起きれないのかも、よくわからない、っていう結論が私の中では出ました。

ただ一ついえるのは、「意識」は関係あるだろうなと言うことだけです。

会社の人に迷惑がかかったってどってことないって思ってる人は、そんなことでは起きないですし、仕事しなくても死なない程度に生きていけたらいいかなーっていう人もまず仕事を大切に思ってないので起きれません。

私もたぶんそっち側の人間だったと思いますが、今は、嫁のために俺ががんばらないといけない、と思うと、愚痴ったりしながらも仕事に行く気にはなります。

別に会社のためとか、同僚に迷惑をかけないとか、そんなことどうでもいいんです。

ただ、嫁に苦労をさせたくない、それだけ。

きっと朝起きれないあなたも、どこかでそんな転機が待っていると思いますよー。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術