プロが言わない履歴書に特技が書けるようになるたった1つの考え方

      2015/04/11

生け花やれ転職において有利だの、やれ採用者の目を引くだの、転職のプロを名乗る人の言う「特技」は全く的を射てません。

あなたの「採用されたい」っていう心に付け込んで、それっぽいことを言っているだけです。

逆に、いわゆるプロの言っていることを鵜呑みにしてしまって、さらに「じゃあなおさら書くことなんてないじゃないか」ってなってませんか?

マニュアル的な考え方は一旦置いといて、履歴書の特技の本質から考えることで、何を書くべきかが見えてきますよ。

SPONSORED LINK

履歴書の特技に対する根本的な考え方を変える

前述のようにあなたの「採用されたい」という心に付け込んだ回答が、いわゆるプロの回答です。

要は、プロはあなたと同じ目線で考えているわけです。

では、採用するのは誰でしょう?

はいそうです、面接してくれる人です。(人事とか細かいことはおいといて)

というわけで、ここはひとつあなたの「受かりたい気持ち」を面接官に押し付けるのではなく、面接官が履歴書の特技に何を求めているかを考えるのです。

ここがたった1つの重要なポイントであり、プロが言わない考え方です。

あなたが面接官なら、履歴書の特技を見て採用不採用を決めますか?

履歴書や職務経歴書を見て、スキルを判断して、志望動機を見て、どれだけウチに入りたいって思ってくれてるのかな、って見て。

その中で、特技って、選考判断基準に入ってきますか?

スキル見て、あ、使えそうって感じて、なんかすげーヤル気あるなこの人って思って、特技が、極論「早食い」って書いてあったからって不採用にします?

しないでしょ?

面接官の人は自分たちとは違うからそのまま考えちゃダメなんじゃないの?とか思いますか?

そんなことないですよ。ふつーのおっさんおばさんやにーちゃんねーちゃんです。

これは、新卒の人ではわからないかもしれませんが、転職を考えるような、もう会社で働いている人なら理解できると思います。

面接官と聞くと、あなたも何か雲の上の人と話をするような感覚になってしまうかもしれませんが、実際は面接をする人も、普段は他愛もない話で笑いあう人の1人なのです。

履歴書の特技の意味

履歴書における特技や趣味というのは、基本的に役割は同じです。

ではどのような役割かというのは「え?こんな趣味でも大丈夫!?おさえておくべき履歴書の趣味の書き方 」で詳しく述べているので、そちらを参考にしていただきたいのですが、端的に言えば「あなたの人柄」を見るためのものです。

要は「話のネタ」です。

話の受け答え方などで「あなたの人柄」を見たいと思った時に、話題がほしいのです。

それが履歴書の特技の存在意義です。

履歴書の特技に書いてはいけないこと

履歴書の特技が、つまるところ採用不採用に関して「特に重要ではない」ということは、ここまで読んでくださった方ならご理解いただけたかと思います。

しかし、重要ではありませんが、書いてはいけないこと、は存在します。

それは「興味が無い事を書く」ことです。

最初に話したような、自分をよく見せたい、という理由で、特技でもなんでもないのに書いてしまったりすることです。

あなたは、その話で盛り上がれますか?

先ほど、履歴書の特技の存在意義は「あなたの人柄を知るための話のネタ」と言いました。

その話で盛り上がれないようなら書くべきではないのです。

最悪、話が出来ないと、流石にマイナスイメージになりかねません。

まとめ:履歴書の特技は、会話を盛り上げるスパイス

あれは特技じゃない、これで特技って大丈夫なの?という疑問は吹き飛んだでしょうか?

特技欄は自分をよく見せる場所ではない、と言いましたが、ある意味PR欄とも言えます。

最後の最後に何矛盾したこと言ってんの?って思われるかもしれませんが、特技に「野球」って書いた人に、「前回のオリンピックの女子マラソン金メダリストは?」とか聞いてきません。

聞かれるとしたら、「去年のホームラン王誰だっけ」とか「ポジションどこ?」とかがいいとこでしょう。

何が言いたいかというと、そこに書いてあることで話題を作ることが出来る、あなたの好きなように話を持って行けるのです。

自分の話せる話題を振って、人柄をしっかり見てもらえるような場所って、履歴書の中でも特技か趣味かくらいです。

しっかり、それでいて、あまり考えすぎずに、埋めてくださいね。

書き方や例については「特技なんてない!そんな人のための履歴書に書きたい14の特技例 」を参考にしてみてくださいね。


≫ つぎは・・・

もっと履歴書の書き方を知りたい
履歴書の書き方

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 履歴書の書き方