面接で長所を使って短所を導き出す4ステップ

      2015/04/11

ひまわり面接での長所短所をどうやって話したらいいか困っては居ませんか?

特に短所においては、欠点=マイナス、という認識から、特に扱いに困るものです。

面接で聞かれる短所を使って印象を良くする簡単3ステップ」では、短所を長所に置き換えて話す方法を解説しましたが、ここでは逆に「長所を短所にしてしまう」方法です。

え?いいところをわざわざ悪く言ってしまうの?と思う方も多いと思いますが、長所は認識してるわけですから、仮に短所として使っても、どうしたら長所になるかを説明しやすいのです。

それでは、詳しく解説していきましょう。

SPONSORED LINK

1.長所を把握しよう

出来るだけ詳細な長所を、紙に書きだしてください。とはいっても難しく考える必要はありません。

あまりに抽象的でなければ大丈夫です。明るい、とか、元気、とかでなければ。

例として「人当たりが良い、誰とでもすぐに話すことができる」としてみましょう。

2.短所を考えるためにまず、長所をやりすぎたらどうなるかを想像しよう

どんないいことでも、程度は大事です。

ウケたダジャレもやりすぎるとシラケます。

ちょっとした親切も、度を越すとウザイです。

今回の例が「人当たりが良い、誰とでもすぐに話すことができる」なので、それが度を越すとどうなるか考えてみましょう。

この場合、人間だれしも持っている自分と他人との壁が結構薄くできていると考えられますよね。

そうすると、「他人のテリトリーに土足で踏み込む人」と言われたりします。

もし、自分はそんなこと言われたことない!そうならないように気を付けている!というなら、むしろ好都合です。

次に行きましょう。

3.長所を短所にしないための方法を把握する

前述の「自分はそんなこと言われたことない!そうならないように気を付けている!」という感覚は最後の武器です。

なぜならそれは、「長所が短所にならない方法を知っている」ことに他ならないからです。

例えばそれは、相手の表情を見て、これ以上は突っ込まない方がいいと感じることだったり、どういった話題には触れないようにしている、とかでもいいと思います。

いつも無意識でやっていたことを、どうしたら短所になるかを考えることによって、意識的に「自分が今までどうして来たのか」を見つけることができるわけです。

4.面接に使う長所短所をまとめましょう

今回の例では

長所:人当たりが良い、誰とでもすぐに話すことができる 短所:他人のテリトリーに土足で踏み込むことがある 短所を長所にする方法:相手の表情を見て、これ以上は突っ込まない方がいいと感じること

となります。

例文としては

================================================
私の長所は人当たりが良い、誰とでもすぐに話すことができる事ですが、それ故に、短所としては度を越えてしまった場合には他人のテリトリーに土足で踏み込んでしまう可能性があります。

しかし、今まで多くの人とふれあってきた中で、会話の中で相手の表情から、どこまで踏み込んでいいのかどこまででブレーキをかけるべきなのかを察知することが出来るようになり、場の空気を壊してしまうようなことはほぼなくなってきていると感じています。
================================================

といった感じでしょうか。

短所などは実際はそんなことなかったようなことでも、きっとやりすぎたらこうなるんだろうなぁ、ってことを懸念事項として捉え、それを利用します。

もしくは自分と同じ長所を持ってる人の、度を越した行動を観察しても、ちょっと気が引けますが参考にはできます。

まとめ:面接で使う長所短所は表裏一体で

面接で使う長所と短所を表裏一体とするメリットは、話として構成しやすいことと、見つけ出しやすいことです。

短所から長所も見つけやすいですし、長所から短所も見つけやすい。

そして、ここが無ければな、とか、これをやりすぎるとこうなるのか、といったように想像しやすいので、短所を長所に変える方法も見つけやすいのです。

転職の履歴書や面接対策で困ったら、まずは長所か短所、どちらかにフォーカスして、そこから枝を伸ばすように組み立ててみましょう。


≫ つぎは・・・

もっと面接対策が知りたい
転職面接対策

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職面接対策