会社を辞める決断に値する4の理由

      2017/02/06

imaric20160805310323_tp_v1会社を辞めようかどうしようか、こんな理由で辞めてもいいのだろうか。
そんな思いに悩まされている人に是非読んでいただきたい今回のお話。

よく、前の会社の悪口を面接で言ってはいけないと言われるが、私は性格上聞かれたらなんでも答えてしまいます。
正直それで話が盛り上がることもあります。

面接官もおもわず「うわー、そりゃ辞めるわー」と納得してしまうような、会社を辞める決断として十分な理由を4つご紹介します。

SPONSORED LINK

1.部下のやりがいを潰すような上司

部下の意見を聞かない、聞くには聞くけどそれが意思決定に関与しない。

そんな上司と仕事をしていると、大概やりがいを感じなくなります。

何を提案しても無駄、言ったところで聞かないなら最初から言わないしやらない。
そうなると、もはや気分はマシーンです。

その仕事を自分がやる意味、自分でなくてはならない意味も感じられなくなります。

このような理由で転職をする場合、「もっと自分を成長させたい」「スキルを学んでキャリアアップしたい」といった転職理由にもなるため好都合です。

2.信頼が得られない会社

あなたはもちろん、他の従業員からも信頼を得られない会社を辞めたいと思うのは当然のこと。

会社の都合が最優先され、従業員の気持ちを考えないやり方をしている会社では、マシーンどころか「俺は会社の奴隷じゃねーんだぞ!」と言った反発に変わります。
もちろん離職率も高く、知名度が低い中小企業がこうなると採用もままならないため衰退の道をたどります。

名実ともにあぶないとなれば、そりゃ辞めるって話ですね。

ちなみに、知名度や金の力で採用して、辞められても人数を確保するようなのが、おおてブラック企業ってところでしょう。

3.信頼していた上司に転職を薦められる

「この会社・・・辞めた方が良いよ・・・」

なんて信頼している上司に言われたらどうでしょう。

「ヤバい」って思いますよね。

昔私は転職を考えていませんでしたが、その言葉を信じて転職をしました。
結果は大正解。
私を含め、その時は退職のビッグウェーブが来ました。

ホント、ありがとうございました。

4.未来のない会社

業績は悪化しているにもかかわらず、積極的な改善策を打ち出さない会社。
日銭を稼ぐことにしかもう目を向けることのできなくなった上層部。

いくら改善策を考えたり、意見し続けても、会社を立て直すよりも維持することでもういっぱいいっぱいだったりして取り合ってもらえない。

現状維持していればいつか・・・なんていう甘い考えにはついていけないし、怖くて残ってもいられない。

つらい状況を一緒に乗り越えようとは思はないのか?
思わないでしょ普通。
相当信頼できる人でもなければ。

そんなことを聞く前にそれだけの人間性を示せているかが先だろうよ。
と、面接をアドバイスしているサイトの情報とか見てると思う。

だから、そんな風に思うような人とはそもそも仕事をしたくない人の方が多いと思う・・・

ネガティブな理由ばかり?

そもそももっとキャリアアップしたい、スキルアップしたい、自分の力を活かせる場所に行きたい、というポジティブな理由はどんなネガティブな理由にもくっつく話です。

こんなことがしたいです → でも今の会社じゃできないんです

なのか

今の会社では何もできないんです → でも私はこんなことがしたいんです

なのかの違い。
結局これでワンセット。

たとえネガティブな考えが最初に浮かんだからと言って、その裏にはじゃあどうしたいかというポジティブ要素は眠っています。
ですので、理由がポジティブだとかネガティブだとか小さなことにとらわれる必要はないんじゃないかと、私は思います。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド