給料が安いと思ったら取るべき3つの行動

      2017/05/15

a0002_011580ふと気が付くと、どう見ても同年代の友人より給料が安い気がする・・・
なんでこんなに給料が安いのだろう・・・

もし仕事にやりがいを感じていたとしても、ふと気づいてしまうと途端に虚しくなる給料の問題。

そんな時にどんな行動をとるべきか、どう対処すべきかをここで解説します。

これらを実践すれば、自分の適正な価値を知ることが出来、さらには相場とギャップがあれば転職するなどの新たな可能性が広がる事でしょう。

SPONSORED LINK

給料が安いと感じるとき

よくあそんだりする仲間、友人との金銭感覚にギャップを感じると、違和感を感じたりします。

私が最初に思ったのは、飲みに行く回数。

私は酒が飲める方ではないので、割り勘が当たり前だったあの頃は、常にイライラしていました。
どうせソフトドリンクなら、ファミレスのドリンクバー呑んでる方が10倍安いんですから。

ある時から、割り勘が当たり前だったのが、徐々に飲まない自分が少な目に払うことが多くなり、徐々に「何でこの人たちはこれだけの金を普通に出せるのか」という疑問に行きつきました。

結果としては私は転職をして給料を上げました。

とはいえ、結局今でも完全割り勘されたらイラッとするんですがね・・・。

あとは友人の「こんなことしてる、こんなことしてきたよ」といった話を聞いていても給料のギャップを感じることがあるでしょう。

どこにそんな金があるのだろう・・・そんな思いに駆られているなら、まずは行動を起こしてみませんか?

給料が安いと感じた時の対処法

1.同年代の人の給料を聞く

教えてくれる人はなかなかいません。
ただ、いくらくらいか、という大体なら教えてくれる人がいます。
そういう人に聞けばよいでしょう。

まぁ・・・私の場合は明細まで見させてもらいましたが・・・

2.同僚の給料を聞く

これも教えてくれる人を探しましょう。

まず、自分と同じ程度の立場の人を当たってみましょう。
こうすることで、まずは社内で自分の給料が低くないかを確認できます。

あまり立場が自分と離れていない古株の人に、お偉いさんが想定いくらもらってるかを聞きます。
こうすることで、会社全体として給料が低い会社なのかどうかと、役職付きと平社員の格差の大小がわかってきます。

3.身の振り方を決める

こうして自分の給料と同年代の相場とのギャップと、会社の給与の傾向を知ることが出来たら、次は自分がどうするかを考えます。

そもそも実は友人と対して給料が変わらないくらいだったなら、まずは一安心できると思いますが、上を目指すかどうかもカギになります。

今の会社が全体的に給料が高くなく、あまり給料が上がる見込みが無かったり、格差が広い会社ではそこにたどり着けるビジョンが遠すぎて見えなかったりします。
こういった場合は、さらに上を目指すために頭打ちとなっている仕事をやめ、転職することも視野に入れても良いでしょう。

逆に不安が解消された、ましてややりがいもある、と言った場合は、今の仕事をもちろん続けていくことをおすすめします。

給料を上げる方法は行動あるのみ

給料を上げようと思ったら、待っていてはダメです。

あなたから行動を起こさなければ、あなたが給料を上げたいと思っていることが誰にも伝わりませんし、給料を上げるチャンスすらめぐってきません。

今の仕事に対して給料が見合っていないなら、その証拠と自分の実績をもって交渉することや、そもそも給料アップが見込めない会社なら転職活動を始めたり。
主張をしないのは日本人の悪い癖です。

幸せは歩いてこない、だから歩いてゆくんだね。

古い曲の歌詞ですが、今思うと日本人っぽくない歌詞だな・・・とふと思った次第。

是非、満足いく給料目指して行動してみてください。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド