給料安すぎじゃね!?いくらもらってるのが普通なのか?

      2017/09/19

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s自分の給料に疑問を持つことってありますね。

友達の話を聞いたら毎月の給料に万単位で差があったらちょっと焦りますよね。

私は異業種転職を1回やっているので、人より給料が落ちる時期があるのは覚悟していましたが、それでも焦ります。

それでは、どのくらいもらってたら普通かな、というのを私の視点で1つの意見として書かせていただきたいと思います。

また、ボーナスはある会社とない会社でまちまちなため、参考として「ボーナス無し・残業無し」を前提として考えます。

SPONSORED LINK

高卒の給料

額面で20万あればまぁいいんじゃないかと。
手取りで言えば17万18万程度でしょうか。

1人暮らしならここから家賃や光熱費などを引くことになるので手元に最終的に残るのは10万円くらい。

半分貯金しても5万残る。
十分な額だと思います。

20代前半~中盤

額面で月23万~25万位が普通かと思います。
年収にして300万前後。

20代中盤にもなると結婚、子供という問題が出てきますが、正直この年収では共働きでない限り子供を作ることを躊躇してしまうでしょう。

30代前後

30代を越えたらさすがに年収も350万は超えたいですね。
そして年収400万は欲しいと思い始めるころ。

額面で月に20万後半くらいが普通になって来るのではないでしょうか。

30代中盤

額面で30万は月にもらっていたいですね。
35万程度が妥当になるでしょうか。

残業代を足せば年収450万程度になりますね。

40代前後

30代中盤あたりから感じることかもしれませんが、年を追うごとに人によってもらえる給料にばらつきが出てくるようになります。
スキルや経験に差がはっきりと出てくるためです。

そんな中で40代にもなるとばらつきはありますが500万は超えたいなと感じるでしょう。
額面で月に40万。

残業代も入れれば550万くらいは見えてきますね。

500万~600万が分かれ道

500万を超えてくると、ある程度の役職が必要になってきます。
日本の文化上、作業者のスキルが上がると、中間管理職への昇進が流れになってしまい、現場が大好きな人には苦しい社会です。

また、上司の椅子はいくつもあるわけではありません。

これらを打開する為には、現場の人間がきちんと評価される傾向のある外資系企業に転職する、給与ベースがそもそも高い会社(主に大手)へ転職する、そして副業をする、そんな考えも必要になるでしょう。


≫ つぎは・・・

履歴書の書き方を知りたい
特技がない!それでも履歴書で惹きつける14の特技例

面接対策が知りたい
面接で緊張しない方法と考え方+誰も言わない裏技

転職に失敗したくない
なぜ転職で失敗するのか?失敗を回避する4つの重要ポイント


20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 転職成功ガイド