会社をずる休みした罪悪感に対するの4つの考え方

      2017/01/16

睡眠会社にどうしても行きたくない・・・
しかし、それでずる休みしたときには、今度はずる休みをしたことに対する罪悪感が・・・

結局会社に行っても鬱、休んでも罪悪感で鬱・・・

これではずる休みをした意味がありませんよね?

ここでは、ずる休みをしたからには、その1日を充実したものに変えるための考え方、心の対処法をご紹介します。

SPONSORED LINK

ずる休みに対する罪悪感の種類

1.うしろめたさ

「ずる休み」=よくないこと

誰でも少なからずそう思って入るはずで、そのよくないことを実行したことに対するうしろめたさで罪悪感を覚えます。

また、休むことによって他の方の仕事の負担が増えてしまうことも、この後ろめたさに拍車をかけます。

2.自分を責めてしまう

みんなも会社なんて行きたくないと思っているはずなのに、それでも会社へ行っているのに。
私はどうして「会社に行きたくない気持ち」に負けてしまったのか・・・

私は弱い人間なのだ、ダメな人間なのだ・・・

と責めてしまいます。

3.バレるのが怖い

翌日出社した時に、ずる休み飛ばれているのではないかという不安に駆られてしまうことはよくあります。
実際にばれているかどうかというより、「きっとバレて何か言われてるのかもしれない・・・」という疑心暗鬼にかられることが、精神的にとてもつらく感じられます。

ずる休みの罪悪感に対する考え方

1.心の体調管理も仕事のうち

ずる休みをしたのは、仕事から少しでも解放されたい。
そういう思いからだと思います。

体調管理も仕事のうち、とはよく言われます。
ということは、「心の体調管理」をする義務を負っているはずです。

ずる休みをしたからには、心の体調を少しでも回復させた状態で、翌日以降の仕事に備えなければなりません。

そのためには、あなたはその休日を満喫しなければならない義務があるのです。

2.他人は他人、あなたはあなた

周りの人もみんな会社なんて行きたくないのに頑張って行ってるんだ。
学校のクラスのみんながあのゲームを持ってるから私にも買ってほしい。

この二つの文章、同じことじゃないですか?

そして、こんな理由でゲームを買ってはもらえませんでしたね?

周りがどうか、は会社へ行く理由と直結はしないはずです。
だって他人はあなたではないのですから。

3.罪悪感を感じるメリットがない

罪悪感を感じて休みを精神的にフイにするメリットがありません。
あなただけでなく、会社もです。

あなたとしても、お金が減る、気分は優れないまま、次の日の仕事も結局行きたくない。
会社としても、あなたの心が少しでも回復していないと、休ませた意味がありません。

そう、誰も得しないのです。

「自分のためにもそうだが、会社のためにも」あなたはずる休みで羽を伸ばさなければならないのです。

4.度を越えた「行きたくない」は体調不良

いつも通り朝起きて、準備をしていたら突然体が動かなくなる。
行かなきゃいけない気持ちに体がついてこない。
毎朝仕事の前はヒステリーを起こす。

など、これらは立派な体調不良です。
どちらかと言えば心の方です。

立派な体調不良なのだから、罪悪感は必要ありません。
嘘でも仮病でもないのですから。

このパターンの方には少しアドバイスしたいのですが、時間が解決してくれなければ、病院へ行く前に、退職まで視野に入れて環境を変えることを考えたいです。

精神科でもらう薬は依存性が高く、薬がやめられなくなる可能性があるからです。
薬をやめるにしても、少しずつ減らす方法だと、どうしても薬に逃げたくなってしまい、突然きっぱりやめない限りやめられません。
しかし、薬をやめるということはすっごく体に負担をかけるため、やめてからしばらくは禁断症状なのか何なのか、馬鹿みたいに体調不良になります。

罪悪感は正常な証拠

ずる休みをして罪悪感を感じているうちは、状態としては正常と言えるでしょう。

  • 朝起きたら始業時間を超えていたけど、特に何も感じない
  • 会社は休んだけど行きたくないわけでも仕事が面白くないわけでもない
  • 何で今日仕事へ行っていないのかよくわからない

ここまで行くとさすがに心が危ないと思います。
長期休養をもらうなり、環境を変えるなり、何か対策を考えるべきかと思います。

罪悪感を持っているうちは、前述のような考え方で心をコントロールし、翌日以降の仕事のために心と体を休める努力をしていきましょう。

20代の転職に必須の
転職エージェント4つ

30代が登録すべき
転職エージェント

転職活動を円滑にする転職エージェント

企業を探し、書類を用意し、面接の準備をして・・・
1人ではとてもパワーを必要とする転職活動ですが、転職エージェントを活用することで、あなたに合った企業の紹介や履歴書や職務経歴書であなたを効果的に魅せる書き方、面接対策など、あなたの負担を大きく軽減しつつ効率的に転職活動を行うことが出来ます。

求人数・決定率 No.1!

リクルートエージェント

案件数・転職決定実績、ともに業界No.1を誇る最大手。
案件紹介スピードも早く、転職を考えた時に真っ先に登録したい転職エージェントの筆頭。

納得できる転職がしたいなら

type転職エージェント

コンサルの質に定評があり、関東圏における求人数は申し分なし。
より希望にマッチしたお仕事を探したいならおすすめの転職エージェント。

状況・目的別に見る、あなたにピッタリの転職エージェント

今のあなたの状況に適した転職エージェントを選んでいますか?
転職活動を上手く進めるために以下の記事もお役に立てると思います。

SPONSORED LINK


 - 仕事術 , ,